Office 365 Education の国内ユーザーが 220 万人を突破

[2015年2月24日]

「セルフサインアップ」および「学認(GakuNin)」との連携の開始で、より多くの学習者が、複雑な手続きや追加費用なく、最新の Microsoft Office をマルチデバイスで利用可能に

 

日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長:樋口 泰行、以下、日本マイクロソフト)は、教育機関向けの統合型情報共有クラウドサービス Microsoft Office 365 Education の国内ユーザー数が220万人(自社調べ)を突破したことを発表します。引き続き、学習者(児童・生徒・学生)、教職員が利用する統合型情報共有クラウドサービスとしては国内最大級(自社調べ)のユーザー規模となります。国内での利用者数増加に伴い、日本マイクロソフトは本日より、Office 365 Education の特典である「Student Advantage」を、学習者がより簡単に利用できる仕組み「セルフ サインアップ」(http://aka.ms/self/sign/up)の提供を開始しました。

「Student Advantage」は、包括契約(EES/OVS-ES)をもち、かつ教職員全員の Office 365 ProPlus または Office ProPlusを保有している教育機関(※1)に所属する学習者が、追加費用なく最新の Microsoft Office を利用できる特典です。従来この特典を学習者が利用するためには、教育機関のIT管理者によるユーザーアカウント作成などの作業、手続きが必要でした。本日提供開始した「セルフ サインアップ」を利用することで、学習者は、専用ウェブサイトにアクセスし、学内メールアドレスを入力するだけで、最新の Microsoft Office を自身のPC、スマートフォン、タブレットなどに追加費用なくインストール・利用可能(1 人当たり 5 台の PC / Mac、5 台のタブレット、5 台のスマートフォンまで。個人所有の機器へのインストールも可能)となります。

あわせて、本日より対象となる学習者のための総合サポート窓口「日本マイクロソフト Student Advantage ヘルプデスク 」を開設し、インストール方法などの問い合わせを受け付けます。

また、国立情報学研究所(所在:東京都千代田区、所長:喜連川 優、以下NII)の運営する学術認証フェデレーション「学認(GakuNin)」に参加し学内のICTサービスを管理運営している教育機関のため、NIIとの連携により、「学認(GakuNin)」上よりMicrosoft Officeのダウンロード提供を可能とするポータルサイト(仮称、2015年4月公開予定)を開設します。これにより「学認(GakuNin)」に参加する教育機関は、既存のユーザー管理基盤とポータルサイトのユーザー管理基盤を連携させ、学習者に対してより簡易に 「Student Advantage」 の特典を提供することができるようになります。また学習者は、学籍番号などすでに学内で利用中のIDを使ってポータルサイトにアクセスし、Microsoft Office をダウンロードが可能です。この連携により、より多くの教育機関で、「Student Advantage」 の利用が進むことが期待されます。

今後も日本マイクロソフトは、学習者の環境の充実と、教職員の校務効率化をクラウドの側面から支援します。

※1「Student Advantage」特典をご利用いただくためには、包括契約(EES/OVS-ES)を最新価格でご契約いただいていることが条件となります。

「セルフサインアップ」概要
専用 Web サイトにアクセスし、学内メールアドレスを入力するだけで簡単に最新の Microsoft Office を追加費用なしで入手できる新しい仕組みです。現在 Student Advantage の権利を保有している教育機関に所属する学生は、いつでもこの仕組みを使って Office を入手しすべての機能を使用できるようになります。

所属する教育機関が「セルフ サインアップ」の利用対象かどうかは事前にStudent Advantage 総合サイト(http://aka.ms/getoffice/sa )でご確認下さい。

また、「セルフ サインアップ」を利用する上での学生などからの問い合わせは以下にて承ります。

日本マイクロソフト Student Advantage ヘルプデスク
電話 :03-4530-6175
E-mail:msos@microsoft.com
受付時間 10:00-17:00(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

マイクロソフト製品の教育機関向けライセンス プログラム、「Student Advantage」については、以下ウェブサイトをご参照ください。

Office 365 Educationについて
マイクロソフトでは、教職員・児童・生徒・学生用の電子メール、ウェブ会議、ドキュメント編集、オンラインストレージなどのグループウェア機能をクラウド経由で利用できる Office 365 Education を、2012年6月より、教育機関に対して提供しています。Office 365 は、日経225採用銘柄企業の60%で利用されているクラウドグループウェアで、教育機関は、企業向けのOffice 365 Enterpriseと同じサービスを、無償で利用することが可能です。また2013年12月から教育機関向けの特典として「Student Advantage」の提供を開始しています。さらに、Office 365 Education に含まれるクラウドストレージ OneDrive for Business は、では1ユーザーあたり1TBの容量を無償で利用することが可能です。

マイクロソフトに関する詳細な情報は、下記マイクロソフトWebサイトを通じて入手できます。

日本マイクロソフト株式会社 Webサイト http://www.microsoft.com/ja-jp/
マイクロソフトコーポレーション Webサイト http://www.microsoft.com/

* Microsoft、Office 365、OneDrive は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
* Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

Tags: ,

関連記事