Windows 10 Anniversary Update を 8 月 2 日(火)より提供

[2016年6月30日]

当リリースは2016年6月29日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています

 

マイクロソフトは、すべての Windows 10 デバイス向けの無償(注1)アップデートとして、Windows 10 Anniversary Update を、8月2日(火)に提供開始することを発表しました。Windows 10 は、Windows 史上最も急速に普及したバージョンであり、現在では 3億5,000万以上のデバイスで稼働しています。Windows 10 Anniversary Update は、全く新しい革新的な機能を実装しています。Windows Ink と Cortana(コルタナ)(注2)を中心とする革新的な機能や、より高速でアクセスしやすく電力効率性に優れたMicrosoft Edge ブラウザー、一般ユーザーとエンタープライズ向けの先進的なセキュリティ機能、新しいゲーミング体験、現代の教育向けの新しいツールなどが含まれます。加えて、最新のサイバーセキュリティの脅威から企業を保護するために、本日、マイクロソフトは、エンタープライズ顧客向けに Windows Defender Advanced Threat Protection と Windows Information Protection(旧称:Enterprise Data Protection)という、2つのセキュリティ関連の新機能を発表しました。

Windows and Devices 担当 エグゼクティブバイスプレジデントのテリー マイヤーソンは次のように述べています。「Windows 10 を提供開始した時のマイクロソフトのビジョンは、最も安全で高機能のOSを提供することに加えて、段階的に改善されていく体験を作り出すことにありました。Windows 10 Anniversary Update はこの良い例です。将来的にさらなる改良を行えることも楽しみにしています。」

Windows 10 Anniversary Update には、人々をより生産的にし、オンラインでの安全性を向上し、そしてもちろん、より楽しむためのイノベーションが満載です。

最も安全な Windows の安全性をさらに強化するセキュリティ機能: Windows 10 のあらゆるお客様向けに、Anniversary Update は、Windows Hello と Windows Defender に新しい機能強化をもたらします。

  • Windows Hello により、お客様は、エンタープライズ向けと同等のセキュリティでパスワードを使用せずにアプリにサインインでき、Microsoft Edge を使った生体認証で対応ウェブサイトにアクセスできます。Microsoft Edge は、生体認証をネイティブにサポートした、最初で唯一のブラウザーです(注3)。
  • Windows Defender のマルウェア対策は、PCを定期的にスキャンするオプションと、スキャン完了時に脅威が発見された場合に、通知とサマリーを通知する機能により、強化されています。

Windows 10 の既存セキュリティ機能に構築することが、エンタープライズのお客様にとって、これら2つの新しいセキュリティ上の利点となります。

  • Windows Defender Advanced Threat Protection は、悪意のある攻撃を検出・分析し、対応するために設計されており、世界最大規模の検出技術と、マイクロソフトのセキュリティ研究者チームによる、先進的な脅威保護を受けることができます。
  • Windows Information Protection: 以前は Enterprise Data Protection と呼ばれていた機能で、データがどこにあっても個人用データと組織用データを分離することで、企業の予期せぬデータ漏洩を防止します。

Windows Ink: デジタルのペン先に Windows のパワーを取り入れることで、紙のようにデバイスに書き込むことができ、全く新しい体験を提供します。Office、Microsoft Edge、Maps などのアプリケーションとの統合により、インキングのパワーをどこでも活用できます。

■ Cortanaの機能強化: 世界で最も生産性が高いパーソナルデジタルアシスタントであるCortanaが、ロックスクリーン上でのアクセス、情報の保存と呼び出し方法の拡張、そして、デバイス間の同期によりさらに使いやすくなりました(注2)。

■ Microsoft Edge による電力効率性、拡張機能、ユーザー補助の強化: Anniversary Update では、Microsoft Edge の消費電力節約機能がさらに強化されました。Microsoft Edge のCPUとメモリーの使用量が削減され、バックグラウンド処理や Flash 広告などの周辺コンテンツの影響を最小化します。Pinterest の Pin it ボタンや Amazon Assistant などのMicrosoft Edge 拡張機能 (Extension) も Windows ストアで提供されます。Microsoft Edge の新しいユーザー補助アーキテクチャーが、HTML5、CSS3、ARIA などの最新のウェブ標準をサポートするようになります。本アップデートにより、ページ構造やコンテンツはユーザー補助のテクノロジによって、より明確に表現されるようになります。高コントラストモードにおける表示は、テキストのコントラストを維持しつつ、視覚情報を強化します。また、キーボードナビゲーションによるフォーム入力やスクリーンリーダーにより、あらゆる人にとってブラウザー利用の体験が向上しました。

■ さらに魅力的なゲーム体験: Xbox Play Anywhere により、ゲームファンは一度ゲームを購入すれば、Windows 10 PC と Xbox One の両方でプレイすることができ、ゲームの進捗、セーブ、実績を共有できるようになります。Microsoft Studios の新規タイトルはすべて Xbox Play Anywhere をサポートし、Windows 10 と Xbox One のいずれの Windows ストアからでも簡単にアクセスできるようになります。Cortana が Xbox One 上でも利用可能になり、ゲームファンが新しいゲームを見つけたり、フレンドが何をしているかを知ったり、パーティを始めたり、共通のタスクを完了したりすることが容易になります。また、“Hey Cortana, Xbox On”と言うだけで Xbox One の電源を入れることもできます(注4)。ゲームファンに最も求められていた機能のひとつである地域と言語の個別設定により、プレイしている場所にかかわらず Xbox One 上で任意のサポート言語を選択できるようになります。BGM 機能も提供されます。今夏に 299ドルから提供開始される新しい Xbox One S は Anniversary Update を搭載します(日本国内 2016 年年内発売予定。価格未定)。また、限定版の 2TB Xbox One S launch edition は、8月に399ドルで提供されます(日本国内発売未定)。HDR 対応ゲーム、4K Ultra HD のビデオやBlu-rayをサポートする唯一のコンソール機となります。

■ 新たな教育分野向けのイノベーションを179ドルから提供: 全く新しい“Set up School PCs “アプリにより、教職員の方は 3つの簡単なステップで”Shared Cart of Devices”を使って、デバイスをセットアップできるようになります。専任のITサポートがある学校であれば、アップデートされた Windows Imaging and Configuration Designer ツールにより、共有デバイスのセットアップを一括して数分で行なうことができます。コピー&ペーストやファイルへのアクセスなどが許容されない重要なテストでは、”Take a Test”アプリにより、ブラウザベースの隔離された環境を構築し、より安全なオンライン成績評価を行うことができます。

Windows 10 Anniversary Update を入手する最良の方法のひとつは、無償アップグレードが終了する2016年7月29日以前に Windows 10 にアップグレードすることです。追加情報は、https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-10-upgrade  をご参照ください。

 

注1 ハードウェアとソフトウェアの要件が適用されます。デバイスにより提供される機能が異なることがあります。一部のエディションは対象外です。詳細は、https://www.microsoft.com/ja-jp/windowsをご確認ください。

注2 Cortanaは提供開始時点では一部の市場でのみ利用可能です。地域やデバイスにより提供される体験が異なることがあります。

注3 Windows Hello は指紋リーダー、照明付き IR センサーなどの生体認証センサーが必要です。
注4 Xbox One での Cortana の導入は米国と英国でのみ開始し、他の地域への拡充も順次予定しています。

 

【日本マイクロソフト株式会社について】
日本マイクロソフトは、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、モバイル ファースト&クラウド ファーストの世界におけるプラットフォームとプロダクティビティのリーディングカンパニーで、「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。
日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、親しみやすく、安心でき、喜んで使っていただけるクラウドとデバイスを提供する会社」を目指します。

マイクロソフトに関する詳細な情報は、下記マイクロソフトWebサイトを通じて入手できます。

日本マイクロソフト株式会社 Webサイト http://www.microsoft.com/ja-jp/
マイクロソフトコーポレーション Webサイト http://www.microsoft.com/

* Microsoft、Windows は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
* Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。