マイクロソフトと SAP、クラウドによるデジタルトランスフォーメーション実現へ向けて協業

[2017年12月4日]

パートナーシップの拡大によって、 強力なクラウド機能および信頼性の高いロードマップを提供

本リリースは、11月28日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています

 

マイクロソフト コーポレーションとSAP(NYSE:SAP)は、クラウド上でさらなるビジネスイノベーションを推進するための明確なロードマップを顧客に提供する統合サービスを発表しました。両社は連携への強い意志を示し、互いのクラウドソリューションを社内で導入することも発表しました。今回のユニークなパートナーシップを通じて、両社は共同で設計を行い、一流のソリューションを共同で市場に投入し、顧客に最高のクラウド体験を約束する共同サポートサービスを提供します。

SAPのプライベート・マネージド・クラウド・サービスであるSAP HANA® Enterprise CloudをMicrosoft Azure上で稼働することにより、顧客はセキュアなマネージド・クラウドでSAP S/4HANA® を稼働することができます。さらに、マイクロソフトはSAP S/4HANA® on Azureを導入して独自の社内財務プロセスを実行できるようにし、SAPは主要な社内のビジネスクリティカルなシステムをAzureに移行します。SAP Ariba® では現在Azureを利用していますが、この調達アプリケーション内でのさらなる活用を模索しています。SAPとマイクロソフトは協力して、企業がクラウドでSAPアプリケーションを最大限に活用できるようにします。

マイクロソフトのCEO サティア ナデラ(Satya Nadella)は次のように述べています。「技術があらゆるビジネスや業界を変革していく中で、組織は自身のデジタルトランスフォーメーションを促進してくれる適切なプラットフォームと信頼のおけるパートナーを求めています。マイクロソフトとSAPは長年にわたるパートナーシップを基盤に、互いの製品を活用してそれぞれの組織を強化するだけにとどまらず、企業顧客がSAP S/4HANA on Azureを活用して最高度にミッションクリティカルなアプリケーションおよびワークロードを運用できるように支援します」

デジタルトランスフォーメーションは、顧客関係の向上、従業員の能力強化、業務の効率化、新しいビジネスモデル、新製品や新しいサービスなどをもたらします。このようなメリットを求めて、多くの企業はビジネスクリティカルなシステムをクラウドに移行しつつあります。リサーチ会社のガートナー社の調査によると、ビジネスリーダーの3分の2が、競争力を維持するためにはデジタル化のペースを上げる必要があると考えています。エンタープライズソフトウェアのリーダーとして、SAPとマイクロソフトは緊密に連携し、デジタルトランスフォーメーションへの安全かつ信頼性の高い道筋を顧客に提供します。

SAPのCEO ビル マクダーモット(Bill McDermott)氏は次のように述べています。「SAP S/4HANAをMicrosoft Azure環境で実行するこの新しい取り組みによって、両社のパートナーシップは新たな段階に進みつつあります。マイクロソフトとSAPは世界中の多くの企業から信頼を得ています。両社は力を合わせて、企業による顧客主導の成長変革の実現を支援します」

SAPおよびマイクロソフトはいずれも、社内業務にSAP S/4HANA on Azureを使用する予定です。マイクロソフトは、従来のSAP財務アプリケーションを含む自社システムを移行している最中であり、Azureで実行されるSAP S/4HANA Financeソリューションを導入する予定です。同社はさらに、財務レポートの効率化と意思決定の強化を図るため、SAP S/4HANAをAzure AIおよび分析サービスに接続する予定です。SAPは、効率性、柔軟性およびイノベーションを最大化するために、10以上のビジネスクリティカルなシステムをAzureに移行中です。これには、SAPの子会社であるConcur(コンカー)をサポートするSAP S/4HANAソフトウェアも含まれます。

両社はこれらの社内プロジェクトを文書化し、Azure上のSAPアプリケーションの導入に関するガイダンスとエンタープライズアーキテクチャを顧客に提供していく予定です。

SAP HANA Enterprise Cloud on Azureにより、顧客は、SAPのアプリケーション管理と製品の専門知識に加えて、Microsoft Azureやさまざまなマイクロソフトクラウドサービスの、グローバルで信頼性が高くインテリジェントなクラウドという、両方の利点を生かすことができます。

The Coca-Cola Company(ザ コカ・コーラ カンパニー)社、Columbia Sportswear Company(コロンビアスポーツウェア)社、Coats社、Costco Wholesale Corp.(コストコ)社などあらゆる業界の企業顧客が、今日のビジネス運営においてSAPおよびAzureに信頼を寄せています。

The Coca-Cola Company社の上席副社長兼最高情報責任者であるバリー シンプソン(Barry Simpson)氏は次のように述べています。「今回発表されたマイクロソフトとSAPの戦略的パートナーシップは、当社のシステムにとって非常に重要な進化です。戦略的パートナーである両社が連携して設計、販売、出荷を行うことによって、当社システムのデジタル化の取り組みが加速するでしょう。当社にとってこれは、非常に前向きで好ましい進化です」

Costco Wholesale社の情報システム担当上席副社長であるジム ラザフォード(Jim Rutherford)氏は次のように述べています。「SAPとマイクロソフトは当社にとって重要なパートナーであり、今回の提携は当社のクラウド戦略およびデジタルビジネスを推進してくれるでしょう」

Columbia Sportswear社の副社長兼最高情報責任者であるマイク ハート(Mike Hirt)氏は次のように述べています。「マイクロソフトとSAPは、当社の卸売および消費者直結型のビジネスの成長を支援してくれる戦略的パートナーです。両社の緊密な連携は、当社が世界中の顧客によりよいサービスを提供するために技術アーキテクチャとクラウド戦略を進化させるうえで不可欠なものです。当社では、顧客がアウトドアへの情熱を追求し、楽しむことができる革新的な製品を生産しています。当社のマイクロソフトとSAPとのパートナーシップは、この理念に基づいて製品を提供し続けるために非常に重要です」。

Coats社のデジタルおよび技術最高責任者であるヒズミー ハッセン(Hizmy Hassen)氏は次のように述べています。SAP HANA on Azureによって得られるデータインテリジェンスにより、自社のビジネスのあらゆる領域の運営効率を向上し、顧客への製品提供を迅速化できます。マイクロソフトとSAPの連携は、当社がクラウドでのイノベーションに必要としている保証をもたらしてくれます」