コンテンツへ移動
スキップしてメイン コンテンツへ
News Center

役員一覧

Jean-Philippe Courtois

エグゼクティブ バイスプレジデント 兼 マイクロソフト グローバルセールス マーケティング & オペレーション プレジデント

ジャンフィリップ クルトワは、エグゼクティブ バイスプレジデント 兼 マイクロソフト グローバルセールス マーケティング & オペレーション プレジデントとして、世界 124 か所の海外拠点のマイクロソフトのコマーシャル ビジネスを統括しています。クラウド サービスから複合現実(mixed reality)および AI に至るまで、戦略的プランの立案、グローバル オペレーションの実行、先進国市場および新興市場でさらに成長するための取り組みを推進する責務を負っています。クルトワは、新しい働き方やビジネスモデル、新たな収益源の開拓を目的としたビジネスの適切な戦略、サポート、そしてテクノロジによるデジタルトランスフォーメーションを支援することに熱意をもって取り組んでいます。顧客や従業員がより多くのことを期待する中で、クルトワは競争力を維持するため、インテリジェントクラウドサービスの戦略的な実装を提唱しています。

前職では、マイクロソフト インターナショナル プレジデントとして、米国とカナダを除く全てのマイクロソフト海外拠点におけるセールス、マーケティングおよびサービス活動を統括していました。それ以前は、マイクロソフト ヨーロッパ、中東およびアフリカ(EMEA)の最高経営責任者を務め、同地域のビジネス プランニングやセールス、マーケティングおよびサービスを統括してきました。EMEAの最高経営責任者に就任する前は、米国ワシントン州レドモンドを本拠とするワールドワイド カスタマー マーケティング部門担当バイスプレジデントを務めていました。

クルトワは 1984 年にチャネル セールス担当としてマイクロソフトに入社し、いくつかの主導的な要職を経て、1994 年にマイクロソフト フランスのゼネラル マネージャーに就任しました。

クルトワは、ニースのグランゼコールである高等商業学校(SKEMA)を卒業し、DECS(高等会計ディプロム)を取得しています。マイクロソフトでの職務以外にクルトワは、SKEMA の理事会会長、また、未来の世代が住みやすく、世界中の人々がより良い社会を築くことをミッションとする Positive Planet という世界的な先進 NGO 団体の役員を務めています。彼は、世界経済フォーラムのグローバル デジタルデバイド イニシアチブ特別委員会の共同議長、欧州委員会 ICT タスクフォースの業務、アストラゼネカの取締役などを歴任しました。最近では、支援を必要とする若手社会起業家が自らのポテンシャルを実現できるよう支援することを目的とした基金 Live for Good を共同設立しています。

写真

Jean-Philippe Courtois の写真をダウンロードする.