コンテンツへ移動
News Center

経営執行チーム

Harry Shum

Artificial Intelligence & Research エグゼクティブ バイスプレジデント

ハリー シャムは、マイクロソフトの Artificial Intelligence & Research グループのエグゼクティブ バイスプレジデントです。

マイクロソフトの総合的な AI 戦略、中長期的研究と開発、インフラストラクチャ、サービス、アプリ、エージェントにわたる開発の取り組みを推進する責務を負っています。また、AI 中心型の製品グループであるInformation Platform Group と Bing & Cortana 製品グループ、そして、世界最高水準のコンピューターサイエンス研究開発組織である Microsoft Research を統率し、全社的なエンジニアリングチームとの統合も推進しています。

2007 年から 2013 年にかけては、Bing サーチ製品の開発を担当するコーポレートバイスプレジデントでした。Bing とオンラインサービスのエンジニアリングを担当する前は、Microsoft Research Asia の研究活動、および、アジア太平洋地域の大学との産学協同を統括してきました。また、マイクロソフトのサーチと広告への先進的技術投資を専門とする応用研究組織 Internet Services Research Center も担当していました。

1996 年にワシントン州レドモンドに拠点を置く研究者として Microsoft Research に入社しています。1998 年には、Microsoft Research China (後に Microsoft Research Asia と改称) の創立メンバーの一人として北京に異動しました。9 年間にわたり研究者として勤務した後に、リサーチマネージャ、アシスタントマネージングディレクターを経て Microsoft Research Asia のマネージングディレクター兼ディスティングイッシュドエンジニアに昇格しましした。

コンピューター ビジョンとコンピューター グラフィックス分野での貢献により、IEEE フェローおよび ACM フェローの称号を授与されています。カーネギーメロン大学のコンピュータサイエンス学部でロボット工学の博士号を取得しています。2017 年、National Academy of Engineering of the United States に選出されました。

写真

Harry Shum の写真をダウンロードする.