Microsoft

By the
Numbers

持続可能性

<0

マイクロソフトは、2030 年までに
カーボンネガティブを実現します。

さらに、2050 年までに 1975 年の創業以来、
自社が放出した全炭酸ガスを除去します。

<0

マイクロソフトは、2030 年までにカーボン ネイティブを実現します。

過去 250 年間

過去 250 年間人類は、第一次産業革命以来、
.2 兆トンを超える温室効果ガスを放出してきました。

過去 50 年間

過去50 年間
地球上の平均温度は、過去半世紀に
わたって摂氏 1 度上昇しています。

現在

現在人類は、毎年500億メートルトンを
超える温室効果ガスを
空気中に放出しています。

50M

50,000,000 ドル(または 5 千万ドル) マイクロソフトは、AI とクラウドを
活用して世界最大の環境問題を解決するために
5 千万ドルの支援を約束しました。

50M

マイクロソフトは、AI とクラウドを使用して世界最大の環境問題を解決するために 5 千万ドルの支援を約束しました。

野生生物

Wild Me では、コンピューター ビジョンと
ディープ ラーニング アルゴリズムを使用して Wildbook を
強化しています。
Wildbook は、個々の動物および種をスキャン、
識別するプラットフォームです。

森林

SilviaTerra FOCUS/Forests は、
自然保護主義者と土地所有者による
森林測定と監視方法を変革します。

保護

Protection Assistant for Wildlife Security (PAWS) では、機械学習、AI 計画、行動モデリングを使用して、
保護活動家による密猟との闘いを
支援します。

100%

2025 年までに、マイクロソフトのエネルギー供給をそのすべての運営に対して 100% 再生可能エネルギーに移行します

100%

2025 年までに、マイクロソフトのエネルギー供給をそのすべての運営に対して 100% 再生可能エネルギーに移行します。

電気

マイクロソフトのデータセンター、
建物、およびキャンパスの電力供給を
グリーン化します。

モビリティ

さらに、2030年までに、
世界の全事業所で使用している車両を
全て電気自動車にします。

825K

Xbox は、82万5000台を対象として、
世界初のカーボンニュートラルな
ゲームコンソールを製造しました。

ゲームコンソールは、より積極的に
カーボンニュートラルを
目指すハードウェアのパイロット
プログラムの一部です。

60.7%

新しい Surface Pro X は、
2013年に発売された最初のSurface Pro よりも
60.7% もエネルギー消費が削減されています。

60.7%

新しい Surface Pro X は、2013 年に発売された最初の Surface Pro よりも 60.7% も少ないエネルギーしか消費しません。

パッケージ

マイクロソフトのデバイスパッケージは、
現在70%以上再生可能な材料
作られています。で

有毒金属

マイクロソフトのデバイスでは、
鉛、水銀やカドミウムを使用しません。

廃棄物

マイクロソフトは、2019 年に
200 トンを超える使用済みハードウェアの
埋め立てを回避しました。

50K

50,000 匹(または 5 万匹) マイクロソフト ドイツのAI対応 Smart Hive には
それぞれ 50,000匹のハチがいます

Smart Hive では、世界的なハチの減少に対する
解決策を求め Azureを活用することで、ハチの
データを収集および共有しています。

0

マイクロソフトのシリコンバレー キャンパスは、
わずかな飲料水を除いて、公共の
水道サービスを一切利用していません。

カルフォルニア州では、他の州よりも
多くの水を消費しており、2050年までにさらに30%
増加すると予測されています。