東北地方太平洋沖地震の被災者からの要望や問い合わせを管理するクラウドソリューションを復興支援活動を行う自治体や NPO 向けに無償提供

[2011年3月31日]

株式会社 CSK Winテクノロジ
日本マイクロソフト株式会社

 このたびの東北地方太平洋沖地震で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
株式会社 CSK Winテクノロジ(本社:東京都新宿区、取締役 代表取締役社長 古宮 浩行、以下 CSK Winテクノロジ)と日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長:樋口 泰行、以下 日本マイクロソフト)は、復興支援活動を行う自治体や NPO 向けに、最小限のネットワーク環境とPC環境を用意するだけで、被災者からの要望や問い合わせを管理・情報共有し、被災者が日常生活を取り戻すための全体的な課題やニーズをスムーズに把握・管理できる「復興活動支援クラウド」を、本日より無償提供します。

「復興活動支援クラウド」は、企業で使われている CRM (顧客関係管理)のクラウドサービスである「Microsoft(R) Dynamics(R) CRM Online」を利用したサービスです。復興支援活動を行う自治体や NPO は、「復興活動支援クラウド」を活用することで、従来、紙で管理していた被災者からの要望や問い合わせの対応状況の進捗管理、情報共有をクラウドサービスで一元管理し、対応状況や対応結果を可視化できるので、日常生活を取り戻すための全体的な課題やニーズをスムーズに把握することができます。
「復興活動支援クラウド」の詳細は、以下の通りです。

  • 対象:復興支援活動を行う自治体や NPO
  • 特長:
    • 管理する情報を絞ることで、システムを利用する自治体や NPO の担当者が、システムを理解し、学習するための時間を短縮できます。
    • 複数の被災地および避難所における情報共有や課題の管理ができることで、自治体や NPO の担当者が、より効率的に復興活動計画を立案することができます。
    • Dynamics CRM をベースとした自治体防災支援ソリューションなど、復興の段階に合わせたデータ活用の拡張が可能です。
  • 利用方法
    1. 自治体、NPO 担当者が、CSK Winテクノロジ事務局の専用電子メール([email protected])に申し込む。
    2. 事務局より、サービスの利用に必要な手続きについての情報を個別に電子メールで案内。
    3. 自治体、NPO 担当者が、手続きに従い利用を開始。システムの利用に関する技術サポートは、CSK Winテクノロジが提供。
  • 「復興活動支援クラウド」 Web サイト
    http://www.cskwin.com/ConsulService/crmsol/reconst/index.html

下記は、画面イメージの一部です。

  1. 自治体、NPO の担当者が、被災者からの要望や問い合わせをヒアリング後、コミュニケーションボード(掲示板)に入力する画面
  2. 自治体、NPO の担当者が入力したコミュニケーションボード(掲示板)の、被災者からの要望や問い合わせ一覧
  3. コミュニケーションボード(掲示板)で管理されている被災者からの要望や問い合わせ内容
  4. 被災者からの要望や問い合わせの対応スケジュールを可視化
  5. 被災者からの要望や問い合わせ内容をもとに、地区別や重要度別に課題やニーズをダッシュボードで可視化

※画面はイメージですので、実際の画面とは異なる場合があります。
自治体や NPO の担当者が「復興活動支援クラウド」を利用する流れは、以下になります。

Dynamics CRM Online
Dynamics CRM Online は、全世界 23,000 社以上で利用されている統合顧客管理アプリケーションのパブリッククラウド型サービスです。Microsoft Office 製品との連携とグラフィックユーザーインターフェース(GUI) カスタマイズ機能により、お客様業務要件に合わせた柔軟な拡張が可能です。日本マイクロソフトの復興支援の一環として、Dynamics CRM Online を 3 月 15 日(火)より一定期間無償にて提供しています。申し込みやお問い合わせ先は、以下になります。 [email protected]om
被災地の一日も早い復旧と、被災された皆さまが心安らぐ生活に一日も早く戻ることができますことを心からお祈り申しあげます。

以 上

【日本マイクロソフト株式会社について】
日本マイクロソフトは、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、モバイル ファースト& クラウド ファーストの世界におけるプラットフォームとプロダクティビティのリーディングカンパニーで、「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。
日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、安心して使っていただけるインテリジェントテクノロジを通して、日本の社会変革に貢献する」企業像を目指します。

マイクロソフトに関する詳細な情報は、下記マイクロソフトWebサイトを通じて入手できます。

日本マイクロソフト株式会社 Webサイト http://www.microsoft.com/ja-jp/
マイクロソフトコーポレーション Webサイト http://www.microsoft.com/

* Microsoft、Azure は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

関連記事