“いつでも どこでも 活躍できる” コミュニケーションプラットフォーム「Skype for Business」を提供開始

[2015年4月21日]

「Microsoft Lync」を、最新版より「Skype for Business」に名称変更し、世界3億人以上が活用する「Skype」と統合

日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長:樋口 泰行)は、“いつでも どこでも 活躍できる” コミュニケーションプラットフォーム「Skype for Business」を4月中旬より順次提供開始しました。

在席状況(プレゼンス)、インスタント メッセージング(IM)、音声通話、オンライン会議、企業の内外線の電話インフラを統合するエンタープライズボイス(VoIP 外線通話)機能を備え、法人における「ワークスタイル変革」を推進するコミュニケーションプラットフォーム(基盤)として提供している「Microsoft Lync(リンク)」を、最新版より「Skype for Business」と名称変更し、様々な機能拡張をしました。 世界中で3億人以上が活用し、親しまれている「Skype」と統合し、“いつでも どこでも 活躍できる” コミュニケーション基盤として提供し、ワークスタイル変革、テレワークの推進に貢献します。

Skype for Businessの製品概要については、下表のとおりです。

製品名称  Skype for Business 
製品概要  Skype for Businessは、Skype の優れた使い勝手とエンタープライズグレードのセキュリティ、コンプライアンス、管理性を備えたコミュニケーション・コラボレーションプラットフォームです。これまで Lync で提供されていたプレゼンス管理、IM、音声・ビデオ通話、オンライン会議の機能を備えると同時に、Microsoft Officeとの優れた親和性でユーザーは Office から直接 IM、 通話などを開始することが可能です。 
機能詳細  Skype for Business は、企業内の日々の業務で最もよく利用する様々なコミュニケーションツールを統合し、Microsoft Officeとも連携するユニファイドコミュニケーション基盤です。 プレゼンスを確認しながら、IM や音声/ビデオ会議、電話、ボイスメールなど、その時に最も適切な方法を選択できるため、円滑なリアルタイム コミュニケーションが可能となります。ユーザーインターフェイスは世界中で愛され、洗練された Skype デザインを採用。すべてのコミュニケーションツールは 1つの画面に集約され、シンプルな使い勝手をあらゆるデバイスをサポートします。デバイスや連絡手段ごとにツールを用意する必要がなく、組織の統合管理基盤や通信機器などの IT 資産もそのまま有効活用でき、運用管理も効率化できます。
また、他の Skype for Business 利用企業やコンシューマーの Skype ネットワークとも必要に応じて接続できることで、世界中の Skype ユーザーとも容易にコミュニケーションが可能です。 
対応プラット
フォーム 
Windows OS / Mac OS / iOS / Android
※ iOS、 Android向けの新しい Skype for Business モバイルアプリは今後提供を予定しています。iOS、 Androidをご使用のお客様は、提供開始までは引き続き Lync モバイルアプリをご利用いただくことが可能です。  
提供製品構成  自社設置(オンプレミス)、クラウド、またはその両方のメリットを活かすハイブリッド構成を選択できるため、あらゆる組織の要件に柔軟に対応します。 
提供アプリケーション/提供形態  ■オンプレミスで必要なライセンス
Skype for Business Server (オンプレミス) を展開する場合には、フロントエンドサーバーごとにサーバーライセンス、ユーザーまたはデバイスごとにクライアントアクセスライセンス (CAL) が必要です。 サーバー ライセンスは 1 種類に集約されており、利用できる機能は3種類のCALで異なります。代表的な機能は以下の通りです。
Skype for Business Standard CAL
プレゼンス管理 / インスタントメッセージ / ビデオチャット(1:1) / オンライン会議への参加 / アプリケーション共有の閲覧など
Skype for Business Enterprise CAL
オンライン会議の開催 / アプリケーション共有の開始と操作 / 会議のレコーディング など
Skype for Business Plus CAL
PBX 機能 / コール制御機能など
追加機能を提供する Skype for Business Enterprise CAL および Skype for Business Plus CAL は、Skype for Business Standard CAL のアドオンとして購入できます。
■クラウドのライセンス
Skype for Business Online (クラウド) は、サブスクリプションモデルのライセンス体系になっており、Skype for Business Online の利用者ごとにユーザーサブスクリプションライセンス (USL) が必要です。
Skype for Business Online プラン 1
Skype for Business Standard CAL の機能に該当します。
Skype for Business Online プラン 2
プラン 1 に加え、Skype for Business Enterprise CAL の機能を有します。
■クライアントアプリケーション
ボリュームライセンスの Office Professional Plus、またはクラウドサブスクリプションの Office 365 ProPlus に含まれる Skype for Business クライアントが必要です。
価 格  クラウドサブスクリプションの Skype for Business プラン1はユーザーあたり月額 220円、Skype for Business プラン 2はユーザーあたり月額600円。
オンプレミスライセンスはご契約形態によって異なります。

 

Skype for Business ロゴ画像

150421_skypeforbusiness_01

Skype for Business スクリーンショット

150421_skypeforbusiness_02

150421_skypeforbusiness_03

 

Skypeと統合

150421_skypeforbusiness_04

 

製品に関しての詳細は以下Webサイトをご参照ください。
http://products.office.com/ja-jp/skype-for-business/online-meetings

マイクロソフトに関する詳細な情報は、下記マイクロソフトWebサイトを通じて入手できます。

日本マイクロソフト株式会社 Webサイト http://www.microsoft.com/ja-jp/
マイクロソフトコーポレーション Webサイト http://www.microsoft.com/

* Microsoft、Office 365、OneDrive、Skype は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。