マイクロソフト、LinkedIn を買収

[2016年6月14日]

当リリースは2016年6月13日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています

マイクロソフト コーポレーション(以下「マイクロソフト」)とLinkedIn Corporation(以下「LinkedIn」)は、マイクロソフトがLinkedInを1株当たり196ドルで買収する最終的合意に達したことを発表しました。取引はすべて現金で行われ、LinkedIn の現金資産を加味すると262億ドルに相当します。

LinkedInはブランド、企業文化、経営の独立性を維持します。LinkedInのCEOジェフ ワイナー (Jeff Weiner) は現在のポジションに留まり、マイクロソフトのCEOであるサティア ナデラ (Satya Nadella) の直属となります。LinkedInの会長、共同創業者および支配株主であるレイド ホフマン (Reid Hoffman) とワイナーは共にこの取引を全面的に支持しています。取引は本年内に完了する予定です。

LinkedInは世界最大かつ最も高価値のプロフェッショナルネットワークであり、堅調なビジネスを継続しています。昨年度には、同社は、メンバーのエンゲージメントを強める新バージョンのモバイルアプリの提供や、ニュースフィードの強化によるビジネスへの洞察の向上、大手オンライン学習プラットフォームLynda.comの買収による新規市場に参入、およびエンタープライズ顧客向けRecruiterの新バージョンの提供などを行いました。これらのイノベーションにより、以下のメンバーシップの拡大、エンゲージメントの強化および業績の向上を実現しています。

  • 全世界のメンバー数が前年比19パーセント増加し、4億3,300万人以上に
  • 月間ユニークビジター数が前年比9パーセント増加し1億500万人以上に
  • モバイル利用率が前年比49パーセント増加して60パーセントに
  • メンバーによる四半期のページビュー数が前年比34パーセント増加して450億に
  • アクティブな求人情報が前年比101パーセント増加して700万件に

ナデラは次のように述べています。「LinkedInチームは、世界中のプロフェッショナルを結びつけるという素晴らしいビジネスを成長させてきました。LinkedIn と共にこの成長をさらに加速し、Microsoft Office 365とDynamicsの成長も実現し、世界中のあらゆる人と組織を支援することができるでしょう。」

ワイナーは次のように述べています。「当社が人々の新たな機会との結びつき方を変革してきたように、マイクロソフトとの新たな関係、そして、同社のクラウドとLinkedInのネットワークとの組み合わせが、人々の働き方を変革する新たな可能性を提供します。過去13年にわたり、当社は、プロフェッショナルをより生産的にし、成功させるために結びつけていくというユニークな位置にありました。当社の新たな章に向けてチームと共に進んで行けることを楽しみにしています。」

取引は両者の取締役会により全面的に支持されました。買収成立には、LinkedInの株主の承認、規制当局の承認、他の慣例的完了条件が必要であり、本年内に完了する予定です。

ホフマンは次のように述べています。「本日はLinkedIn の再創業の瞬間と言ってよいでしょう。当社のメンバーや顧客にとって素晴らしい機会であり、この新しい共同ビジネスを支援して行けることを楽しみにしています。私は、この取引およびこれを承認した取締役会の決定を全面的に支持し、取締役会の推奨にしたがって議決権を行使します。」

160614-mumbai-london-media-FINAL-1

 

2016年6月13日午前8時45分(太平洋標準時)/午前11時45分(東海岸標準時)に、マイクロソフトとLinkedInは投資家向けの共同電話会議を実施し、この取引の説明を行いました。会議は、https://www.microsoft.com/en-us/Investor にてウェブキャストされ、ナデラとワイナー、そして、マイクロソフトCFOのエイミー フード (Amy Hood) とマイクロソフトのプレジデント兼最高法務責任者のブラッド スミス (Brad Smith) が参加しました。会議のプレゼンテーションは、Microsoft News Centerでご覧いただけます。

 

 

【LinkedInについて】
LinkedInは、世界中のプロフェッショナルをより生産的にし、成功させるために結びつけ、企業の雇用、マーケティング、販売の方法を変革することにフォーカスしています。世界初のEconomic Graphの継続的開発を通じて、グローバルなワークフォースの全メンバーに対して経済的な機会を構築することをビジョンとしています。世界中の企業の4億人以上のメンバーをサポートしています。

【日本マイクロソフト株式会社について】
日本マイクロソフトは、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、モバイル ファースト& クラウド ファーストの世界におけるプラットフォームとプロダクティビティのリーディングカンパニーで、「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。
日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、親しみやすく、安心でき、喜んで使っていただけるクラウドとデバイスを提供する会社」を目指します。

マイクロソフトに関する詳細な情報は、下記マイクロソフトWebサイトを通じて入手できます。

日本マイクロソフト株式会社 Webサイト http://www.microsoft.com/ja-jp/
マイクロソフトコーポレーション Webサイト http://www.microsoft.com/

* Microsoft は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。