Xbox が、家庭用ゲーム機の世代を超える未来のゲーム体験を紹介

[2016年6月15日]

当リリースは 2016 年 6 月 13 日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています

マイクロソフトが Xbox One 製品群に加わる新デバイス、Xbox Live の新機能、そして Xbox 史上最大のゲーム ラインアップを発表

 

本日、米国ロサンゼルスで開催した Xbox E3 2016 Briefing において、Microsoft は、Xbox One 製品群に加わる新デバイス、Xbox Live の多くの新機能、そして、Xbox 史上最大のゲーム ラインアップを発表しました。Xbox 担当責任者のフィル スペンサー (Phil Spencer) は、家庭用ゲーム機世代の先にあるゲームの未来、そして、ゲームファンが境界なしにゲームを楽しめるようにする世界を実現するという Xbox のコミットメントについて力説しました。

Xbox は、PC、家庭用ゲーム機、バーチャル リアリティ、モバイルといったすべてのデバイスとネットワーク向けに Xbox Live を提供し、あらゆるゲームファンを歓迎し、尊重し、支援するとともに、統一された体験をファンに提供できるように取り組みを進めています。新しい Xbox Play Anywhere プログラムにより、ゲームファンは一度ゲームを購入すれば、Windows 10 PC と Xbox One 本体の両方でプレイすることができ、ゲームの進捗や、セーブデータ、実績を共有できます。Xbox E3 2016 Briefing で紹介された Microsoft Studios の新タイトルはすべて Xbox Play Anywhere をサポートしており、今後サポート対象が拡充されます。

フィル スペンサーは次のように述べています。「ゲームファンには未だかつてない選択の自由があります。Microsoft は、Xbox One と Windows 10 用に過去最大のゲーム ラインアップを提供し、Xbox Live 上のゲームファンを広げ、そして結びつけ、『Xbox One S』と「Project Scorpio」を Xbox One デバイスのファミリーに加えることで、ゲームファンにとってのゲームの楽しみ方や楽しむ場所の選択肢を広げています。Xbox のゲームファンになるのに今ほど素晴らしいタイミングはありません。」

Xbox One 製品群に加わる新しいデバイス紹介

Xbox One 本体とアクセサリーの新たな製品ラインアップにより、かつてないレベルの選択肢とパーソナリゼーションの機会がゲームファンに提供されます。すべての Xbox One 本体において、現在発売中および今後発売予定のXbox One ゲームに加え、Xbox One 下位互換機能の対象ゲームをサポートし、すべてのアクセサリーもXbox One 製品群すべてのXbox One 本体で動作します。

  • 『Xbox One S』:  新しいデザインと新色 “ロボットホワイト” をフィーチャーした『Xbox One S』は、これまでで最も小さくコンパクトな本体となっています。40 パーセント小型化されたコンソールは、電源を内蔵し、Blu-ray の映画や、Netflixなどのパートナーによるストリーミング コンテンツを 4K Ultra HD でお楽しみいただけます。ビデオとゲーム向けに HDR (High Dynamic Range) がサポートされ、 『Gears of War 4』などのゲーム向けにリッチで鮮やかな映像が提供されます。(*1)  本日より予約受付を開始し、2016 年 8 月から店頭で販売されます。(日本国内 2016 年年内発売予定)
    • 『500GB Xbox One S』参考価格: 299ドル/249ポンド/299ユーロ
    • 『1TB Xbox One S』参考価格: 349ドル/299ポンド/349ユーロ
    • 『2TB Xbox One S』(限定版/一部地域で販売) 参考価格: 399ドル/349ポンド/399 ユーロ
  • 「Project Scorpio」:  2017年年末に発売を予定している「Project Scorpio」は、6テラフロップのGPUによる史上最もパワフルな家庭用ゲーム機であり、真の 4K ゲームや高品位な バーチャルリアリティなど最上級のゲーム体験を提供します。「Project Scorpio」は Xbox One 製品群の一製品として、『Xbox One』や『Xbox One S』と同じく、Xbox One のすべてのゲームおよびアクセサリーとの互換性があります。
  • 新しい Xbox ワイヤレス コントローラー: 快適なプレイを実現するテクスチャ加工された握りやすいグリップ、白の滑らかな流線型デザインを導入しました。Windows 10 PC やタブレットに簡単にワイヤレス接続できるよう、Bluetooth に対応しました。(*2)  新しいXboxワイヤレス コントローラーは 8月に世界各地で販売開始を予定しています (59.99 ドル/49.99ポンド/59.99ユーロ)。(日本国内発売予定、発売日未定)
  • Xbox Design Lab: 世界に 1 つだけ、自分専用の「Xboxワイヤレス・コントローラー」を制作できるようになりました。800 万以上のカラー バリエーションから自由に選んで、コントローラー本体、D パッド、サムスティック、ABXY ボタンなどをカスタマイズすることができます。各コントローラーは注文生産、しかも手作りで、ファンの皆様に直接お届けします。現在、Xbox Design Lab は米国、カナダ、プエルトリコを対象地域とし、http://www.xbox.com/xboxdesignlab でご注文をお受けしています。参考価格は 79.99 ドルです。追加料金 9.99 ドルで、レーザー彫刻も可能です。(日本国内発売未定)
  • Xbox Elite ワイヤレス コントローラー (Gears of War 4 Limited Edition): 『Gears of War 4』の関連限定製品である『Gears of War 4 リミテッド エディション』は、The Coalition スタジオとのコラボレーション設計によるプロ仕様の Xbox Elite ワイヤレス コントローラーで、爪痕がレーザー エッチングされ、Swarm との生き残りを賭けた対決を物語る、闘いの重みが感じられるデザインが施されています。10 月上旬に、参考価格 199.99 ドル/199.99 ユーロ/159.99 ポンドで数量限定で発売します。6 月 13  日の週より一部販売店で事前予約の受付を開始します。(日本国内発売予定無し)

Xbox Liveによってゲームファンをつなぐ

Xbox Live の目標は、あらゆるゲームファンが歓迎され、尊重され、支援される、安全で、楽しく、信頼できるオンライン コミュニティを育てることです。Xbox は、異なるデバイスを使っているゲームファン間の境界を取り払い、すべての人にとってゲームをより楽しみやすくするための多数の新機能を発表しました。

Clubs on Xbox Live: ゲームファン同士で交流したり、プレイ スタイルが似ている人や個人的な興味や価値観が共通する人々とプライベート コミュニティを作るための新しい方法です。

Looking for Group on Xbox Live: マルチプレイの「対戦相手求む」の宣言のように、Looking for Group on Xbox Live を使って、今すぐプレイでき、そして条件を満たしたプレイヤーを簡単に探し出し、直ぐにマルチプレイヤー マッチに参加してもらうことができます。

Arena on Xbox Live: Arena on Xbox Live は、初心者からプロ級のプレイヤーまで、レベルを問わずすべてのユーザーのために設計された新しいオンライン トーナメント プラットフォームで、Xbox One とWindows 10 PC 双方のデバイスで対戦ゲームをプレイできます。Xbox UI または Xbox アプリから直接トーナメントに参加し、賞品や名声を賭けてプレイできます。

クロスプレイ: Xbox One とWindows 10 PC のゲームファンが一緒にマルチプレイヤー ゲームをプレイすることが可能になりました。『Gears of War 4』、『Forza Horizon 3』、『Sea of Thieves』および『Scalebound』は、Xbox One と Windows 10 PC 間のクロスプレイをサポートします。また、『Minecraft』のプレイヤーは iOS、Android、Windows 10 Phone、Windows 10 デバイスでのクロスデバイス マルチプレイを一緒に楽しむことができます。

Xbox One の Cortana: Xbox One にも、人気の高いデジタル アシスタント、Cortana (コルタナ) が登場します。Windows 10 デバイスや、Xbox One の新しいゲーム固有のシナリオで、音声コマンドを利用することができます。コルタナの導入は米国と英国の Xbox One から開始します。他の地域への拡充も順次予定しております。

Xbox LiveのPC ゲーム (Win32): 今夏配信予定の Xbox アップデートでは、人気の PC ゲームが Xbox Live に登場し、その後も毎月タイトルを追加予定です。Xbox アプリを使って、フレンドがプレイしている PC ゲームを見たり、ゲームクリップを見て自分のクリップをアップロードできます。また、ゲーム上でフレンドとメッセージを交わしたり、ボイスチャットを行うこともできます。

地域と言語の個別設定: ファンからの圧倒的なフィードバックに基づいて、ゲーマー自身が Xbox での体験や Xbox One との関係をより細かく制御できるように、Xbox One本体の地域と言語の設定を個別にすることをを可能にしています。これによって、ゲームファンは地域設定に関係なく、Xbox One でサポートされている言語を任意に選択することができます。

 

過去最大の Xbox One と Windows 10 PC 用ゲーム ラインアップ

2016 年そして翌年以降に Xbox One と Windows 10 PC 向けに提供される多様なゲームタイトルが紹介されました。これらのゲームには、専用タイトル、超大作、ID@Xbox プログラムによる独立系デベロッパーのタイトルが含まれます。

  • 『ARK: SURVIVAL EVOLVED』 (Xbox One と Windows 10 PC 用に初登場): Studio Wildcard が開発したこの著名なインディーズゲームは、Xbox One の Game Preview 上で 100 万本以上が販売され、まもなくWindows 10 上でも提供されます。プレイヤーはミステリアスな孤島で、裸のまま凍えながら飢えていく中で、生き残りのために狩り、収穫、道具製作、農耕、住居建設を行っていかなければなりません。ARK に住む恐竜や奇妙な生物を手なずけ、訓練し、繁殖させ、乗りこなせるようにします。そして、この大規模なサバイバルゲームの美しくオープンワールドで新しい道を築いていくことができます。何百人ものプレイヤーとオンラインでチームを組んだり、画面分割でローカル プレイしたり、自分だけの島に挑戦したりすることもできます。(日本国内発売未定)
  • 『バトルフィールド 1』 (エレクトロニックアーツ): FPS史上、最大規模でダイナミックな戦闘シーンをフィーチャーした『バトルフィールド 1』では、荒廃したフランス、アラビアの砂丘、ロンドンの上空など全面戦争の幕開けとなる世界で、まさに「ならでは」な体験をお楽みいただけます。64 人のプレイヤーによる大規模な戦闘に参加し、旧世界が破壊され新世界へと道を譲るという時代背景のもと予想もつかないOnly in Battlefield (バトルフィールドだけ) という瞬間を是非ご体験ください。EA Access に加入している Xbox One プレイヤーには 2016 年 10 月 13 日から限定公開され一番にプレイいただけます。Xbox One 一般プレイヤーそして Windows PC に向けた全世界公開日は 10 月 21 日となります。
  • 『Dead Rising 4』 (新規発表タイトル): Capcom Vancouver が開発した『Dead Rising 4』では、フォト ジャーナリストのフランク ウェストが、史上最も成功したゾンビ ゲームのシリーズの新章で再び活躍します。比類のない武器とキャラクターのカスタマイズ機能、新しいゾンビ クラスや EXO スーツなどの画期的な新機能により、『Dead Rising 4』のオープン ワールドの世界を探検し、食料を探し、生き残りのために戦っていくという緊張感溢れる体験を提供します。2016 年年末に Xbox One と Windows 10 PC 向けに発売されます。(日本国内 2016 年年末発売予定)
  • 『ファイナルファンタジーXV』 (スクウェア・エニックス): 『ファイナルファンタジーXV』は、待望の RPG であり、著名な「ファイナルファンタジー」シリーズの第 15 作目です。ファンタジーと現実が交錯する魅惑的な世界に舞台を置き、プレイヤーは王位継承者ノクティスとその仲間達と共に、愛と困難に満ちた壮大な旅を行い、ノクティスの運命を明らかにすべく、邪悪な帝国フルハイムに向けて戦いを挑んでいきます。魅力的なキャラクター、息を呑むようなビジュアル、広大な世界の探検、そして、リアルタイムの戦闘アクションにより、 “ファイナルファンタジーXV” はファンにとってもシリーズ初体験者にとっても究極の “ファイナルファンタジー”体験を提供します。Xbox One 向けに 2016 年 9 月 30 日に世界同時発売されます。
  • 『Forza Horizon 3』 (Xbox One & Windows 10 PC 専用タイトル、新規発表タイトル): 『Forza Horizon 3』は、ベストセラーのレースゲームシリーズの最新作です。オーストラリアの広大な大地を世界に名だたる 350 台以上のクルマでフレンドと共にレースし、探検できます。数百万人の新しいファンを獲得し、世界最高のカー フェスティバルを企画することもできます。Horizon Festival の新たなボスとして、レースイベントのルールを自分の好きなようにカスタマイズできます。Xbox Play Anywhere タイトルとして 2016 年 9 月 27 日に全世界で発売開始されます。(日本国内 2016 年 9 月 29 日 (木) 発売予定、本日より予約開始。詳しくはこちらをご覧ください)
  • 『Gears of War 4』 (Xbox One & Windows 10 PC 専用タイトル): 史上最も評価の高いゲームシリーズのひとつで新しい伝説が始まりました。村への攻撃から辛くも脱出した後、JD フェニックスとその友人カイトとデルは、愛する人々を救出し、新たな敵の正体を探らなければならなくなりました。『Gears of War 4』ではシリーズの特徴ともいえるダークな色調と緊張感が戻っています。分割画面、オンライン協力プレイモード、次世代の 5 協力プレイ モード、Horde モード、60fps マルチプレイ対戦モード、そして、Unreal Engine 4 による驚異的なビジュアルが提供されます。Xbox Play Anywhere タイトルとして 2016 年 10 月 11 日に全世界で発売開始されます。(日本国内発売予定無し)
  • 『GWENT』 (ワールド プレミアとして Xbox One と Windows 10 でクローズド ベータを実施): ゲーム オブ ザ イヤーを獲得した“ウィッチャー3 ワイルドハント”で有名な CD PROJEKT RED が開発したカード ゲーム『GWENT』がスタンドアローン版として提供されます。プレイヤーからのフィードバックに基づき、新たなルールや技術が採用された『GWENT』は、カードだけでなく、プレイヤーとそのプレイ スタイルにもフォーカスしています。『GWENT』では、あなた自身が最強のカードなのかもしれません。
  • 『Halo Wars 2』 (Xbox One & Windows 10 PC 専用タイトル): 家庭用ゲーム機向けRTS (リアル タイム ストラテジー) のベストセラーが戻ってきました。343 Industries と Creative Assembly により開発された『Halo Wars 2』はアクション満載の RTS であり、「Halo」最大の戦闘シーンが提供されます。スパルタン、ワートホグ、スコーピオンなどの部隊を率い、新たな強敵 The Banished に立ち向かいます。Xbox Play Anywhere タイトルとして 2017 年 2 月 21 日に発売開始されます。(日本国内 2017 年発売予定)
  • 『INSIDE』 (Xbox One 用に初登場): 『INSIDE』は、2010 年の大ヒット作『Limbo』の開発会社、Playdead の待望の新作タイトルです。Playdead のトレードマークとなっているダーク感覚のアート、感情、ゲーム技術をフィーチャーしたこのアドベンチャー パズルゲームは 2016 年 6 月 29 日に販売開始され、現在予約受付中です。本ゲームの発売を記念して、6 月 13 日から 20 日まで、『Limbo』が全 Xbox プレイヤー向けに無償で提供されます。(日本国内発売未定)
  • 『Minecraft』 (Realms とゲーム拡張): Mojang とマイクロソフトは、iOS、Android、Samsung Gear VR、そして、Windows 10 デバイス間でのクロスデバイスのマルチプレイヤー機能を紹介しました。この機能は、月曜日に提供開始された『Minecraft: Windows 10 Edition』 (ベータ版) と 『Minecraft: Pocket Edition』向けの「Friendly Update」によって可能になります。Xbox Liveと 「Minecraft Realms」サービスにより、Windows 10 とモバイルのプレイヤーは、自分独自のマルチプレイヤーの世界をプライベートなクラウド ベースのサーバ上に置き、元々のクリエイターがオフラインの時であっても常に友だちによるプレイを可能にできます。本日より、Xbox Live のアカウントを持つプレイヤーは、モバイルと Windows 10 上で「Minecraft」のアプリを使用することで 1 カ月間「Minecraft Realms」を無料で体験できます。また、開発チームは今秋に新しいゲーム拡張が提供され、プレイヤーが主要なゲーム要素をカスタマイズし、独自のマップやミニゲームを作成できるようになることを発表しました。
  • 『ReCore』 (Xbox One & Windows 10 PC 専用タイトル): 伝説的ゲームクリエイター稲船 敬二 氏と「Metroid Prime」シリーズの開発陣が設立した Armature Studio LLC による、新世代のアクション アドベンチャー ゲームです。人類の生き残りの一人であるジュールとなり、勇敢なロボットの仲間達との友情を深め、神秘的でダイナミックな世界を冒険します。Xbox Play Anywhere タイトルとして、2016 年 9 月 13 日に全世界で発売開始されます。(日本国内 2016 年 9 月 15 日 (木) 発売予定、本日より予約開始。詳しくはこちらをご覧ください)
  • 『Sea of Thieves』 (Xbox One & Windows 10 PC 専用タイトル): 『Perfect Dark』や『バンジョとカズーイ』の開発で知られる Rare が開発した『Sea of Thieves』は、海賊、予期せぬ危険、略奪品などの要素を満載したアドベンチャー ゲームです。他の船が未知の意図を持つプレイヤーである世界で、友達と冒険をシェアし、独自のルール、役割、目標を設定し、理想の海賊を目指します。『Sea of Thieves』は、プレイヤーがすぐに参加でき、コミュニティからのフィードバックを受けて長期的に展開していく世界を提供します。(日本国内発売未定)
  • 『State of Decay 2』 (Xbox One & Windows 10 PC 専用タイトル、新規発表タイトル): 人気シリーズ「State of Decay」の最新作では、すべてが新しいマルチプレイ ゾンビ サバイバル ゲームが、あなたを虜にします。プレイヤーは協力して長期的なコミュニティを構築していきます。そこではプレイヤーの選択が世界を形作り、毎回ユニークな体験をすることができます。2017 年に Xbox Play Anywhere タイトルとして全世界で提供開始されます。(日本国内発売未定)
  • 『Scalebound』 (Xbox One & Windows 10 PC 専用タイトル): ゲーム評論家から高い評価を受け絶賛を浴び続けるゲーム ディレクター神谷 英樹 氏とプラチナゲームズによる新たな冒険譚『Scalebound』は、ドラコニスという美しく危険な世界でのスケールの大きな冒険と戦いを提供します。自分のプレイスタイルに合わせてヒーローのドルーとドラゴンのトゥバンをカスタマイズし、ソロもしくは Xbox Live のフレンドと協力して、敵軍団やモンスターとの戦闘に挑みます。2017 年に Xbox Play Anywhere タイトルとして全世界で発売されます。(日本国内 2017 年発売予定)
  • 『Tacoma』 (Xbox One と Windows 10 PC で初登場): 2088 年、人類は宇宙へと旅立ちます。あなたが乗り込む見捨てられた宇宙ステーション 「Tacoma」では、拡張現実テクノロジーにより、かつてそこに住んでいた乗員とつながります。彼らに何が起きたのでしょうか。そして、ステーションの監視 AI である ODIN はどのような役割を果たしていたのでしょうか。ストーリー探検型ゲームのジャンルを確立した『Gone Home』を開発した Fullbright の新作『Tacoma』で、この秘密を解明します。Xbox One と Windows 10 PC 向けに2017 年度に発売されます。(日本国内発売未定)
  • 『鉄拳7TM』 (バンダイナムコエンターテインメント): ファンに愛されてきたキャラクターの過去、現在、未来をからめた魅力的なストーリーが展開されます。力強い格闘シーンと多彩なキャラクターで格闘ゲームのジャンルに革命を起こしたことで知られるシリーズの最新作『鉄拳7』では、格闘アクションをさらに強化し、多数の格闘家を加えて、終わりのない戦いの世界を楽しませてくれます。2017 年初頭に全世界で Xbox One 向けに発売されます。
  • 『ディビジョン– 拡張パック I: アンダーグラウンド』(ユービーアイソフト): トムクランシーの「ディビジョン」の最初の拡張パックシリーズである本作ではニューヨークのアンダーグラウンドに残された人々を救出します。迷路のような地下鉄、トンネル、下水管を探検し、凶悪な敵と戦い盗品を奪回します。まったく新しい侵入ルート、最新の武器や装備などを体験できます。6 月 28 日からまず Xbox One と Windows PC 向けに発売されます。
  • 『We Happy Few』 (Xbox One で初登場): Compulsion Games が開発した『We Happy Few』が、今夏にXbox One と Windows 10 PC 向けに発売されます。第二次世界大戦に敗れた 1964 年の英国の荒廃した世界で、Wellington Wells 市民は「Joy」と呼ばれる向精神薬にふけり、惨めな現実と恐ろしい過去を拒絶して生きていました。果たして「Joy」を断ち切り、生き残っていくことができるでしょうか。 (日本国内発売未定)

 

(*1) 4K ストリーミングは一部のアプリでのみ利用可能(Xbox.com をご参照ください)。 HDR 機能はサポートされるゲームと TV でのみ提供されます。アプリによってはサブスクリプション等の提供会社特定の要件が課されることがあります。

(*2) Windows 10 Anniversary アップデートが必要です。

Xbox One でオンライン マルチプレイをするには Xbox Live ゴールド メンバーシップ (別売) が必要です。

E3 における発表内容の画像、動画素材など報道向け資料(英語)は、以下のサイト(英語サイト)をご覧ください。

Xbox Wire
http://news.xbox.com/
Xbox Wire Media Assets
http://news.xbox.com/media

E3 日本語資料については、随時以下サイトにて公開いたします。

http://www.xbox.com/ja-jp/press/

【日本マイクロソフト株式会社について】
日本マイクロソフトは、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、モバイル ファースト&クラウド ファーストの世界におけるプラットフォームとプロダクティビティのリーディングカンパニーで、「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。
日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、親しみやすく、安心でき、喜んで使っていただけるクラウドとデバイスを提供する会社」を目指します。

マイクロソフトに関する詳細な情報は、下記マイクロソフトWebサイトを通じて入手できます。

日本マイクロソフト株式会社 Webサイト http://www.microsoft.com/ja-jp/
マイクロソフトコーポレーション Webサイト http://www.microsoft.com/

* Microsoft、Xbox、Xbox One、Xbox Live、Windows は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
* Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。