北國銀行、営業力強化に向けて、Windows 10 を全面導入

[2016年8月29日]

株式会社北國銀行
株式会社NTTドコモ北陸支社
株式会社マウスコンピューター
日本マイクロソフト株式会社

全行員2,400名に Windows 10 Mobile 搭載スマートフォン「MADOSMA Q501A」を金融機関として初めて配備するとともに、全端末を Windows 10 にアップグレード

 

株式会社北國銀行(本社:石川県金沢市、頭取:安宅 建樹、以下 北國銀行)、株式会社NTTドコモ北陸支社(支社:石川県金沢市、執行役員北陸支社長:西野 一郎、以下 NTTドコモ)、株式会社マウスコンピューター(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小松 永門、以下 マウスコンピューター)、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也、以下 日本マイクロソフト)は、北國銀行が、デジタルテクノロジによる改革を推進し、営業力の強化を目指して、Windows 10 を全面的に導入することを発表します。

北國銀行では2014年11月の本店移転に伴い、マイクロソフトのタブレット型PC「Surface Pro」を全行員に配備するとともに、「Skype for Business」を活用したIP電話に切り替えて PBXを廃止するなど、マイクロソフトの先進的な情報IT基盤を導入することで、行員の営業力強化に取り組んできました。このたび北國銀行では、最新OSの導入による、より安心・安全な環境の構築と、時間や場所にとらわれない多様な働き方の実現による、行員のさらなる営業力強化を目指して、2016年末までに行内を最新の Windows 10 環境に一新することにしました。

[北國銀行の今回のIT基盤の特徴]

■ 金融機関初、Windows 10 Mobile 搭載スマートフォンを全行員に導入し、シームレスな環境を実現

北國銀行は全行員 2,400名 が日々の業務で利用するスマートフォンとして、マウスコンピューターの Windows 10 Mobile 搭載スマートフォン「MADOSMA Q501A」を配備します。NTTドコモの回線と企業向け内線サービス「オフィスリンク」を利用します。2016年7月中旬から部分的に展開し、同年10月には全行展開を完了する予定です。北國銀行では、セキュリティおよび管理性の高さ、Skype for Business や Microsoft Office などのアプリ連携による生産性向上、スマートフォンを PC のように利用できる Continuum の将来的な活用などを理由に、Windows 10 Mobile 搭載スマートフォンを採用しました。

■ 2,400台の Windows 8.1 デバイスを Windows 10 にアップグレード

北國銀行では、最新の Windows 10 で、より安心・安全な環境を構築するために、全行員に配備しているマイクロソフトのタブレット型PC「Surface Pro」の OS を、2016年末をめどに、Windows 8.1 Enterprise から、Windows 10 Enterprise にアップグレードします。

■ ユーザーを中心に据える新しいクラウドソリューション「Secure Productive Enterprise」を採用

北國銀行では、行員が時間や場所、端末の種類にとらわれずに、多様なワークスタイルで効率的かつ安心して業務に取り組めるように、マイクロソフトの統合ライセンスである「Secure Productive Enterprise E3」(以下 SPE、旧称:Enterprise Cloud Suite)を採用しました。 SPE は、マイクロソフトの統合型情報共有クラウドサービス「Microsoft Office 365 E3」と、クラウド型セキュリティソリューション「Enterprise Mobility + Security E3」(以下 EMS、旧称:Enterprise Mobility Suite)、クライアントOSの Windows Enterprise の利用権「Windows 10 Enterprise E3」(旧称:Windows Software Assurance per User)の3つを1つのライセンスとして提供する統合ライセンスです。北國銀行は、SPE を採用することで以下を実現します。

  • ネットワークに侵入した脅威を検知する機能や、文書を暗号化し閲覧・編集などの権限を簡単に設定できる機能を利用することで、多層防御によるセキュリティ対策を実現し標的型攻撃に対する安全性を高めることができます。
  • 従来のデバイス単位のライセンスから、ユーザー単位のライセンスに変わるため、行員が使用するデバイスの数を確認する必要がなくなり、個人所有のデバイスも含めてコンプライアンスを維持しながら、シンプルなライセンス管理ができるようになります。
  • EMSに含まれるデバイス管理サービスの「Microsoft Intune」ですべてのデバイスを一元管理できます。

北國銀行では、IT環境の管理の幅を広げ堅牢なセキュリティ環境を実現させながら、さらなる行員の生産性向上を図ることで、そのノウハウを地域に還元していきます。NTTドコモは、全国のFOMA/Xiエリア内で定額の内線通話がご利用可能なサービス「オフィスリンク」を提供し、ロケーションやワークスタイルに縛られない業務生産性の向上と、企業の円滑なコミュニケーション促進に寄与します。マウスコンピューターは Windows 10 Mobile 搭載スマートフォン MADOSMAシリーズを通して、企業のセキュアなモバイル環境実現を支援していきます。日本マイクロソフトは、北國銀行の ITパートナーとして、円滑で効果的なIT基盤の構築を引き続き支援していきます。

■ 参考Webサイト

【日本マイクロソフト株式会社について】
日本マイクロソフトは、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、モバイル ファースト&クラウド ファーストの世界におけるプラットフォームとプロダクティビティのリーディングカンパニーで、「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。
日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、安心でき、喜んで使っていただけるクラウドとデバイスを提供する会社」を目指します。

マイクロソフトに関する詳細な情報は、下記マイクロソフトWebサイトを通じて入手できます。

日本マイクロソフト株式会社 Webサイト http://www.microsoft.com/ja-jp/
マイクロソフトコーポレーション Webサイト http://www.microsoft.com/

* Microsoft、Windows、Surface、Skype、Office 365、Microsoft Intune は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
* Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。