マイクロソフト、Windows 10 Fall Creators Update による次世代の創造性を発表

[2017年5月12日]

本年後半に提供される Fall Creators Update が 5 億台以上の Windows 10 デバイスに新たな体験を提供

当リリースは2017年5月11日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています

マイクロソフトは本日、シアトルで開催中の開発者向けカンファレンス Build 2017 において、Windows の次のメジャーアップデートである Windows 10 Fall Creators Update の詳細を初めて公表しました。本年後半に提供開始されるFall Creators Update は、5億以上の Windows 10 デバイスに向けて、アプリ開発のための新しいデザインシステム、Windows・iOS・Android共通のクリエイティブな体験、iTunes をはじめとするWindowsストア から提供する新アプリ、Windows をすべての開発者が利用できるようにする新ツール、そして、マーカーが不要な世界初の Windows Mixed Reality モーションコントローラーといった新たな体験を提供します。

マイクロソフトの Windows & Devices 担当 エグゼクティブ バイスプレジデント、テリー マイヤーソン(Terry Myerson)は次のように述べています。「マイクロソフトは、誰もが持つクリエイター精神を支援するために Windows 10 を設計しました。革新的なデバイス共通の体験を提供するモダンで統一されたデザイン、そして、コンピューティングの未来に向かう創造活動を支援する Windows 10 Fall Creators Update の新機能をお客様に活用していただけることをとても楽しみにしています。」

Windows デバイス上の次世代の創造性を築く新デザインシステムの発表

Microsoft Fluent Design System は、アプリの開発のためのデザインの仕組みで、異なるデバイス間での共通のユーザーエクスペリエンスやレスポンシブな動きをインタラクティブにお届けします。Fluent Design は、幅広いデバイスと多様な入力方法に対応する、表現力豊かなで魅力的なアプリの構築を支援するために設計されています。

Windows、iOS、Android で共通の Windows 体験

Microsoft Graph :マイクロソフトのクラウド間で、人々、会話、プロジェクト、コンテンツの連携を支援するインテリジェントな枠組みであり、Windows、iOS、そして、Android デバイスを横断したシームレスな体験を実現します。主要な機能は以下のとおりです。

  • Timeline :ユーザーは、以前の作業を視覚的に表示し、ファイル、アプリ、ウェブサイトをあたかもリアルタイムのように簡単に遡ることができます。
  • Cortanaにより、Windows、iOS、Android が搭載されたどのデバイスからでも、作業を中断したところから開始しできます。
  • Clipboard :接続されたデバイスの間で、ほぼすべてのものをすばやく簡単にコピーアンドペーストでき、デスクトップからスマートフォンにコピーすることも可能です。
  • OneDrive Files on Demand :クラウド内のすべてのファイルを、ダウンロードしたり、特定デバイス上のストレージスペースを使用することなくアクセスできます。

Windows Story Remix: 写真と動画を活用する新しい方法

.NET で構築され、Windows ユニバーサルアプリとしてWindows ストアで提供される Windows Story Remix は 、AI とディープラーニングを活用して、写真と動画を整理してストーリーに変換し、Microsoft Graph を使用して、デバイス間でユーザーを結び付けます。Story Remix は、日記、写真、動画を組み合わせてサウンドトラック、テーマ、トランジションなどを駆使したストーリーを作り出します。また、写真や動画に3Dのオブジェクトを追加してMixed Reality(複合現実)を実現し、まったく新しい方法でストーリーを表現したり、写真や動画をキャンバスにしてWindows Ink で書き込みしたりすることもできます。

Windows ストアが、Windows、iOS、Android 向けに UWP をフルサポート ― さらにiTunesが登場

Windows ストアでは、今年後半に人気のあるアプリケーションをさらに追加します。

  • iTunes が今年末までに Windows ストア で提供されます。Windows ユーザーは、Apple ミュージック と iTunes Store を含む iTunes の総合的体験を得られると共に、iPhone などのApple のデバイスが Windows 10 および Windows 10 S PC上でサポートされるようになります。
  • AutoDesk が昨夏に提供開始した Windows ユニバーサルアプリ版のSketchBook は、2017年を通じて平均35パーセントの成長率を維持し、同社で最も急速に成長した新プラットフォームとなりました。Autodesk SketchBook は、ペイントとドローの業界標準アプリケーションであり、Windows 10 のペンとタッチ機能を活用するUWP(Universal Windows Platform)として一から開発されています。Autodesk は、Windows ストアで提供する Windows ユニバーサルアプリをさらに拡張し、3D ゲームエンジンとリアルタイムレンダリングのソフトウェアである Autodesk Stingray に Windows Mixed Reality を取り込む予定です。
  • SAP は、今月に SAP Digital Boardroom を Windows ストア 経由で提供開始します。SAP Digital Boardroom はSAPが提供する最も人気のあるソリューションのひとつです。業務アプリケーションのデータを活用して、経営者がビジネスの方向性を決定するため、整合性の取れた情報を提供する次世代のポータルです。本アプリは、Windows ストア に Progressive Web App として提供されています。これにより、SAP は、複数のプラットフォームに向けてウェブのコンテンツと開発投資を再利用すると共に、Windows 10 との緊密な連携による利点も得られます。

すべての開発者にとって Windows を快適な存在に

マイクロソフトは、Windows と Visual Studio をあらゆる開発者にとって最適な場所にしたいと考えています。これは、Windows アプリケーションだけではなく、あらゆるプラットフォームとデバイスの開発者にとっても同様です。本日、Windows開発者向けの新たなツールが発表されました。

  • .NET Standard 2.0 for UWP と XAML Standard は、本年後半に提供開始され、Web、C++、 .NET、Windowsユニバーサルアプリ開発者の Windows 上での開発作業を支援します。
  • UWP、Android、そして、今回新たに iOS もサポートされるようになった”Project Rome” を使用することで、開発者はモダンなコードによりWindows と Microsoft Graph を活用できます。
  • Xamarin Live Player により、開発者は、Windows PC からiPhoneアプリケーションの構築、テスト、デバッグを行なえるようになります。iOSのネイティブアプリの構築に必要なのはVisual StudioとiPhoneだけです。
  • マイクロソフトは、Ubuntu をWindows ストア から提供することで、容易なインストールを実現しました。また、SUSE Linux と Fedora Linux との協業により Windows Subsystem for Linux を構築し、Windows ストアで提供することを発表しました。現時点では、Windows は Windows アプリと Linux アプリを並べて実行できる唯一のプラットフォームとなります。

世界初の Windows Mixed Reality モーションコントローラー – マーカーは不要

本日、シルクドゥソレイユが、Windows Mixed Reality を使用して、舞台デザインを変革することを発表しました。このクリエイティブな意思決定のデモンストレーションとして、有名な機械の手も含むキュリオスのステージの仮想バージョンが構築されました。

また、Windows 10 Fall Creators Update はMixed Reality(複合現実)を世界中のユーザーに提供します。マイクロソフトは、この新しいコンピューティングのフロンティア構築のために開発者と協力し、あらゆる開発者にWindows Mixed Reality を入手して欲しいと考えています。コミュニティからの強い関心により、米国とカナダの開発者は、本日より、Acer (299ドル) または HP (329ドル) のWindows Mixed Reality Headset Developer EditionをMicrosoft Store からプレオーダー可能になります(出荷開始は今夏の予定です)。

さらに、マイクロソフトは、世界初のマーカー不要の Windows Mixed Reality モーションコントローラーを発表しました。同製品はWindows Mixed Reality ヘッドセットのセンサーを使用して正確でレスポンシブな、視界内の動きのトラッキングを行ないます。壁にハードウェアを設置する必要はありません。デバイスパートナーが、今年のホリディシーズンにこのコントローラーを小売店舗で販売する予定です。

Acer は、今年のホリディシーズンに Windows Mixed Reality のヘッドセットとモーションコントローラーを最低価格 399 ドルで販売予定です。

Build 2017 における本日の発表に関する詳細情報は、テリー マイヤーソンによるWindows Devices Group ブログの最新記事をご参照ください。

【日本マイクロソフト株式会社について】
日本マイクロソフトは、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、モバイル ファースト&クラウド ファーストの世界におけるプラットフォームとプロダクティビティのリーディングカンパニーで、「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。
日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、安心でき、喜んで使っていただけるクラウドとデバイスを提供する会社」を目指します。

マイクロソフトに関する詳細な情報は、下記マイクロソフトWebサイトを通じて入手できます。

日本マイクロソフト株式会社 Webサイト http://www.microsoft.com/ja-jp/
マイクロソフトコーポレーション Webサイト http://www.microsoft.com/

* Microsoft、Windows、Cortana、OneDrive、Windows lnk、Xamarin、Visual Studio は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
* Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。