Preferred Networks とマイクロソフト、ディープラーニングソリューション分野で戦略的協業

[2017年5月23日]

株式会社 Preferred Networks
日本マイクロソフト株式会社

株式会社Preferred Networks(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 最高経営責任者:西川徹、以下、PFN)とマイクロソフト コーポレーション(本社:米国ワシントン州レドモンド、CEO:サティア ナデラ、以下マイクロソフト)は、人工知能や深層学習の実社会での活用を推進するため、ディープラーニングソリューション分野において戦略的協業することで合意しました。

今回の協業により、マイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォームMicrosoft AzureとPFNの深層学習テクノロジーの連携を推進し、各業種業態のビジネス課題を解決する深層学習ソリューションを提供します。本協業の日本市場における展開を、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也)が全面的に支援します。

両社は、本協業を通して (1) テクノロジー、(2) 人材育成、(3) マーケティング、の3つの軸で連携を進めます。

1.テクノロジー

  • 深層学習に関わる技術者の課題として、複雑化するニューラルネットの学習時間の増大、増加し続けるデータの煩雑な管理、絶え間なく技術革新するアルゴリズムへの対応、深層学習を用いたシステム開発の方法論などが挙げられます。今回の協業では、2017年夏に、Microsoft AzureのIaaS と PFNの深層学習フレームワーク Chainerの親和性を高め、Chainer / ChainerMN(Multi Node)をワンクリックでAzure IaaS 上に展開する Azure Templateの提供、データサイエンスVMへのChainer 搭載、Azure Batch ServicesおよびSQL ServerのChainer対応、そしてChainerのWindows対応などを進めることで、課題の解消を図ります。
  • 現在主流であるニューラルネットワークのスクラッチ開発は高度な技術的知識が求められ、必要とされる投資金額も非常に大きくなっています。深層学習の実社会への適用を推進するためにはスクラッチ開発から、標準化されたソリューションへの移行が必須です。これを推進するため、Microsoft Azureのデータ収集分析サービスとPFNの深層学習プラットフォーム Deep Intelligence in-Motion(DIMo、ダイモ)を組み合わせ、特定のワークロードや業種向けソリューションを2017年中に提供します。また、そのソリューションを展開するパートナーを両者で支援し育成を行い、より広い実社会への実装を加速させていきます。

2. 人材育成

  • データサイエンス人材の育成は深層学習の実社会への応用の主要な課題の1つです。この課題を解消するために両社が連携し、大学の学生、企業内のエンジニア・研究者向けのトレーニングプログラムを2017年中に提供します。また、高等教育機関向けには政府機関などのデータ関連人材育成プログラムへの参加を検討していきます。
  • トレーニングプログラムはニューラルネットワークの基礎を学ぶ初級クラスだけではなく、実際に深層学習の実ビジネス事例をテーマに応用方法を学ぶ上級クラスまで提供します。これらのトレーニングを通して3年間で5万人の人材育成を計画しています。国際競争力のある IT 人材育成を目的とする世界最大の学生向けの IT コンテストであるImagine CupやAzure for Research などのプログラムをトレーニングのゴールとして用意します。

3. マーケティング

  • 深層学習は機械学習の手法の1つですが、現在人工知能という広範な意味を含む言葉に含まれる形で多くの人の目に触れています。その結果、お客様のビジネス課題を解決するために深層学習が有効なのかどうか見極めが難しくなっています。これまでマイクロソフトとPFNが培った深層学習ビジネスの知見および、Microsoft Azure、Chainer、DIMoを活用した実際の成功事例をもとに、2017年夏に各業種に向けたお客様ワークショップを開始します。
  • Chainer、DIMoが提供する最新の深層学習テクノロジーを、強固なAzure基盤上に組み込むことにより、お客様の基幹システムに組み込めるエンタープライズグレードのエンドツーエンドソリューションを2017年中に提供します。
  • 深層学習でビジネス課題を解決したいお客様と、深層学習のコンサルティングや展開を行う企業とのマッチングの場として、コミュニティ”Deep Learning Lab(ディープラーニング・ラボ)”を発足し、2017年6月19日(月)および7月25日(火)の両日、コミュニティの主旨説明会を開催します。

Deep Learning Lab(ディープラーニング・ラボ) Web サイト
https://dllab.connpass.com/

■ 株式会社Preferred Networksについて
IoTにフォーカスした深層学習技術のビジネス活用を目的に、2014年3月に創業。デバイスが生み出す膨大なデータを、ネットワークのエッジで分散協調的に処理する「エッジヘビーコンピューティング」を提唱し、交通システム、製造業、バイオ・ヘルスケアの3つの重点事業領域において、イノベーションの実現を目指しています。
最先端の深層学習技術を提供するDeep Intelligence in-Motion(DIMo、ダイモ)プラットフォームをベースとしたソリューションの開発・提供をはじめ、トヨタ自動車株式会社、ファナック株式会社、国立がん研究センターなどの世界をリードする組織と協業し、先進的な取り組みを推進しています。
https://www.preferred-networks.jp/ja/

■ 日本マイクロソフト株式会社について
日本マイクロソフトは、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、モバイル ファースト&クラウド ファーストの世界におけるプラットフォームとプロダクティビティのリーディングカンパニーで、「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。
日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、安心でき、喜んで使っていただけるクラウドとデバイスを提供する会社」を目指します。

マイクロソフトに関する詳細な情報は、下記マイクロソフトWebサイトを通じて入手できます。

日本マイクロソフト株式会社 Webサイト http://www.microsoft.com/ja-jp/
マイクロソフトコーポレーション Webサイト http://www.microsoft.com/

* Chainer(R)、DIMo(TM)は、株式会社Preferred Networksの日本国およびその他の国における商標または登録商標です。
* Microsoft、Azure、Surface、SQL Server、Cortana は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。