Society 5.0 の実現に貢献する会社を目指して、デザインジャパンを推進

[2018年4月18日]

日本マイクロソフトは、政府が掲げる”Society 5.0” 超スマート社会の実現に貢献するために、政府・自治体、教育、ヘルスケアのお客様を担当するパブリックセクター事業本部を中心に、デザインシンキングを活用したお客様提案を2018年5月より開始します。

日本マイクロソフトは、マイクロソフトの企業ミッション「地球上のすべての人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする」のもと、日本における目指す企業像として「革新的で、安心して使っていただけるインテリジェントテクノロジを通して、日本の社会変革に貢献する」を掲げています。そして、この企業像に少しでも近づくべく、日本の社会変革の一助となるような取り組みをお客様、パートナー様と進めています。

弊社が現在、経営戦略として、全社一丸となって取り組んでいるのが、お客様のデジタルトランスフォーメーションの推進です。「働き方改革NEXT」と「インダストリーイノベーション」の2つを注力分野とし、様々な取り組みを展開しています。

インダストリーイノベーションは、様々な業種・業態に合わせて、デジタルトランスフォーメーションの推進に向けた、お客様へのご提案・ご支援を加速させるというものです。インダストリーイノベーションでは、とくに6つの業種に注力しており、政府・自治体、教育、ヘルスケアの3つのインダストリーのお客様を、パブリックセクター事業本部が担当させていただいています。

一方、日本政府では、”Society 5.0”として、「超スマート社会の実現」を目指しています。Society 5.0とは、「狩猟社会」「農耕社会」「工業社会」「情報社会」に続く、5番目の新しい社会で、IoT、ロボット、人工知能(AI)、ビッグデータといった先端技術をあらゆる産業や社会生活に取り入れ、経済発展と社会的課題の解決を両立していくものです。

日本マイクロソフトは、この「超スマート社会の実現」は、当社の目指す企業像「日本の社会変革に貢献する」につながることから、当社が持つクラウド、IoT、AI、MR(Mixed Reality)などの最新テクノロジと、パートナーソリューションを組み合わせることで、”Society 5.0”の実現に貢献する会社を目指しています。

また、当社のパブリックセクター事業本部では、人が生まれてから亡くなるまでの人生において、医療・製薬などのヘルスケア、教育機関、政府・行政機関と関わりを持って生活されることから、すでに多くのお客様に日々お使いいただいているWindowsやMicrosoft Officeなどの製品/サービスと、AI、IoT、MRなどの新しいテクノロジを通して、「人の一生に寄り添う日本マイクロソフト」でありたいと考えています。

そうした中で、当社では、日本の”Society 5.0”の実現に貢献し、さらに「人の一生に寄り添う」会社となっていくために、パブリックセクター事業本部に、「デザインジャパン推進室」を本日立ち上げ、日本マイクロソフト社内、マイクロソフト米国本社や各国法人、パートナー企業と連携して、お客様に対して、デザインシンキングを活用したサービスデザインのご提案から、プロトタイピング、実装まで支援させていただく、デザインジャパンを推進することにしました。

デザインシンキングによるサービスデザイン支援に向けて、当社品川本社オフィス内に、アイデアを創出するための専門ルームを本日開設しました。6色のLED照明が設置されており、活発に意見を出し合いたい積極的な会議では赤、論理的に進めたい会議では黄色、リラックスして進めたい場合は緑色というように、その会議に合った色を利用者が選択できたり、Surface Hubの左右に、アイデアの種や参考情報をプロジェクタで表示できたりするなど、クリエイティブなアイデアが次々と生まれやすい環境です。本日開設した専門ルームは当社従業員用となりますが、今後お客様フロアにも同じコンセプトの会議室を開設することも検討しています。

 

本ページのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

関連記事