クラウドのイノベーションを守るために

[2017年2月9日]

2017年2月8日に米国で公開されたブログの抄訳をベースにしています

Poted by: ブラッド スミス (Brad Smith)
プレジデント兼最高法務責任者

クラウドコンピューティングの急速な進化により、新たな機能、洞察力、効率性を産み、規模を問わず、企業の製品やサービスの提供方法の変革が進んでいます。この変革が加速する中、事実上あらゆる業種のすべての企業がデジタルビジネスになりつつあります。また、これらの企業は、デジタルビジネスとして急成長するデジタルエコノミーに参加する新たな法的面課題に対応しなければなりません。

マイクロソフトをはじめとする、テクノロジ業界のリーディングカンパニーが長きにわたり取り組んできた課題の1つに、特許侵害のリスクがあります。当社には、このリスクへの対応にあたり、20 年以上の経験と充実した法的基盤があります。当社は、あらゆる経済圏の企業に対し、デジタルエコノミーがもたらす機会を促進する上での当社が果たす役割を常に考えてきました。そして、この度、クラウドサービスのお客様の保護のために、当社の特許ポートフォリオを活用することを決定しました。

本日、当社はこの方向への重要な一歩を踏み出します。知的財産 (IP) 関連リスクに対し、業界で最も包括的な保護を提供するMicrosoft Azure IP Advantage プログラムを発表しました。

マイクロソフトの目標は、クラウドのイノベーションと投資を尊重し、保護するコミュニティの育成に貢献することです。当社は、ソフトウェア開発者がコーディングに専念し、企業は訴訟の心配することなく、変化する顧客のニーズに迅速に対応できるようにしたいと考えています。

この目標の重要性は今まで以上に高まっています。一方、クラウドによる経済機会は巨大です。調査会社Gartnerによれば、クラウドへの移行は、 2020 年までに 1 兆ドル以上のIT支出を生み出すと予測されています。これは、世界中の人々と企業にとって信じられないほどの大きな経済的機会です。

しかし同時に、クラウドにおいて増加する知財訴訟リスクに対応することも重要です。ボストンコンサルティンググループによれば、過去 5 年間に米国におけるクラウド関連の知財訴訟の数は、 22 %増加しました。また、NPE (非実施主体) による同期間のクラウド関連特許の取得数も 35 %増加しています。

この課題に対して Microsoft Azure IP Advantage プログラムは以下のメリットを提供します。

  1. 上限なしの補償を提供する当社の業界最高水準の知的財産保護プログラムの対象範囲が、Microsoft Azure の基盤となるオープンソーステクノロジ (たとえば、Azure HD Insight に使用されている) Hadoop にも拡張されました。
  2. Azure サービスを利用されているお客様に対して、Azure 上で稼働するサービスに対する訴訟からの保護のためにマイクロソフトの 10,000 件の特許を利用可能にします。これらの特許は、当社の特許ポートフォリオ全体を代表するものであり、世界中の優秀なエンジニアによる長年のイノベーションの成果です。
  3. もし、将来的にマイクロソフトが特許をNPEに譲渡する場合でも、Azure のお客様に対しては権利行使しないことを確約させます。実際にそのような譲渡を行うことはありませんが、多くのお客様が評価する追加的保護を提供できると考えています。

これらの施策により、マイクロソフトはクラウド内での知財リスクに対する業界トップレベルの保護をお客様に提供できるようになりました。このプログラムについて、マイクロソフトのお客様であるトヨタ自動車コネクティッドカンパニープレジデントの友山茂樹専務役員は「Azure IP Advantage により、当社は知的財産面のリスクを低減しながら、クラウド上での業務運営とイノベーションをより自由に行うことができます。マイクロソフトはこのような包括的な特許サービスを提供できる点でユニークな存在です」と述べています。

マイクロソフトは、クラウドが公正な目的に使われるようにすることが自社の責任であるとの信念を持っており、知財関連リスクからお客様を守ります。お客様との協力により、開発者、起業家、そして、お客様が確信を持ってイノベーションを行えるようにすることにコミットしています。

Microsoft Azure IP Advantage のプレビューを行ったお客様の声、そして、Azure IP Advantage の仕組みについては、こちらの動画(https://www.youtube.com/watch?v=qRQqYn1mmG8&feature=youtu.be)をご参照ください。Azure のお客様はこちら(https://azure.microsoft.com/en-us/overview/azure-ip-advantage/)から追加情報が参照できます。

 

本コンテンツのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。