マイクロソフトが ZeniMax Media、および傘下のパブリッシャーの Bethesda Softworks の買収を発表

多くの著名なゲームタイトル、パブリッシャーとしてのノウハウ、そして世界的な才能がマイクロソフトのゲーミング ビジネスの躍進を支援

※ 本掲載は、米国時間 9 月 21 日に公開された “Microsoft to acquire ZeniMax Media and its game publisher Bethesda Softworks” の抄訳です。

2020 9 21 ワシントン州レドモンド– 現在、世界では 30 億人以上がゲームを余暇として楽しみ、忙しい日常から解き放たれる一時の避難所として利用し、友人たちとふれあう場所として活用しています。世界的なクリエイターたちの生み出すゲーム タイトルは、プレイする人々をインタラクティブな物語や世界へと送り出し、ゲームならではのクリエイティブなアプローチ、戦略的な思考、そしてチーム ワークを発揮できる場所を提供します。昨今のゲーミング文化の大きな発展の影響もあり、ゲームはエンターテインメントという括りの中でもっとも成長スピードの速い市場へと変貌を遂げました。業界全体で見ると、2021 年の年間売り上げ予想は 2,000 億ドルを超える予定です。

ゲーミング業界がデバイスを中心とした時代から、テクノロジを駆使してあらゆる場所やデバイスで友人たちとプレイできる、プレイヤーを中心とした時代へと移り変わっていくなか、マイクロソフト (NASDAQ: MSFT) は月曜日に、Bethesda Softworks を筆頭に世界最大規模の非上場ゲーム開発・販売会社グループを抱える ZeniMax Media の買収計画を発表しました。

『The Elder Scrolls』シリーズや『Fallout』シリーズなど、世界的にも絶賛されベストセラーを発表してきたクリエイターたちの所属する Bethesda は、多くの著名なゲームタイトル、テクノロジ、才能、そして数多の大ヒットを生み出してきた実績を Xbox にもたらします。契約の条件に従い、マイクロソフトは ZeniMax Media を 75 億ドルで買収します。

コンテンツ、コミュニティ、そしてクラウドへの独自の取り組みを進めるマイクロソフトのゲーミング戦略は他社と異なり、プレイヤーたちがどこでも、そして誰とでも、遊びたいゲーム タイトルを楽しめる環境を追求し続けています。ゲームはゲーミング業界における成長のカギであり、ゲームの存在は先日登録者が 1,500 万人を超えた Xbox Game Pass のようなクラウド ゲーミング サービスの成長を後押ししています。Bethesda が追加されたことで、マイクロソフト傘下のゲーム開発スタジオは現在の 15 から 23 へと増え、Bethesda の持つ数々の著名なゲームシリーズが Xbox Game Pass へと加わることになります。今回のマイクロソフトの取り組みは、Bethesda が将来的に発売する、Bethesda Game Studios が開発中の期待の宇宙叙事詩『Starfield』などといったタイトルを Xbox および PC 向けに発売すると同時に、Xbox Game Pass へと収録する目的に沿ったものです。

「ゲーミングはエンターテインメント業界において、もっとも成長するカテゴリであるといえます。人々はこれを介して繋がり、触れ合い、そして友人たちと楽しんでいます」とマイクロソフトの最高経営責任者であるサティア・ナデラは言います。

「Minecraft から Flight Simulator まで、多岐に差別化された高品質なコンテンツこそが Xbox Game Pass の根底にあり、成長を促し、そして利用価値を高めています。Bethesda は、あらゆる分野のゲームで多大な成功を収めており、世界的に受け入れられているゲーム開発者、およびパブリッシャーでもあります。私たちは彼らと共に、30 億を超えるゲーム人口に向けてさらなる価値を発信し続けます。」

「Xbox のファンにとって、今は大変喜ばしい時期でしょう。直近の 10 日間だけでも、もうすぐ事前予約が開始されるふたつの次世代コンソール機の詳細をお伝えし、Xbox Game Pass Ultimate のクラウド ゲーミングが始まり、そして私たちの戦略の中でもっとも重要なゲーム タイトルへの投資が実施されました」とマイクロソフトの Gaming エグゼクティブ バイスプレジデントであるフィル・スペンサーは述べています。「何世代ものゲーマーが Bethesda の生み出してきた著名なゲーム シリーズに心を鷲掴みにされており、Bethesdaが Xbox の一部となったこれからも、同様に魅了され続けることでしょう。」

予定されている買収は全世界で 2,300 人におよぶゲームの販売部門から開発スタジオまでが対象となり、Bethesda Softworks、Bethesda Game Studios、id Software、ZeniMax Online Studios、Arkane、MachineGames、Tango Gameworks、Alpha Dog、そして Roundhouse Studios などが含まれます。Bethesda の発表してきた著名なシリーズには『The Elder Scrolls』、『Fallout』、『DOOM』、『Quake』、『Wolfenstein』、そして『Dishonored』などが挙げられます。

Bethesda の親会社である ZeniMax Media は、1999 年に会長兼最高経営責任者であるロバート・A・アルトマン氏によって立ち上げられ、今回の買収では Bethesda の会社組織やリーダーシップに変更はありません。

「弊社の社員、そしてファンの皆さんにとって、今日はエキサイティングな一日です。マイクロソフトとはこれまで密接なパートナーシップを続けてきており、今回の出来事は何年にもわたって共に働き続けた末のごく自然ななりゆきといえます」とロバート氏は言います。「今日の一番の勝者はファンの皆さんです。私たちは引き続き AAA タイトルを開発し続けますが、これからはマイクロソフトのスケールと Game Stack の活用によって、品質にさらなる磨きがかかることでしょう。」

本取引は慣習的な締結条件、そして規制審査の完了を以て成立します。マイクロソフトは本買収の成立を 2021 年度の下半期に予定しており、2021 年度ならびに 2022 年度の非 GAAP 営業利益には最小限の影響が見込まれています。非 GAAP には購入会計の調整によって予想される影響、および統合・取引関連費用は含まれていません。

詳しくはマイクロソフトの Gaming エクゼクティブ バイス プレジデントであるフィル・スペンサーによるブログ記事 (英語) をご確認ください。

関連した画像はこちらで公開しています。高画質な B ロール映像が必要な場合、webroadcast@we-worldwide.com まで直接ご連絡ください。

ZeniMax Media について

ZeniMax Media はワシントン DC に本拠地を置き、世界中に販売部門を持つ非上場のメディア企業です。下位組織を通して、ZeniMax Media は独自のインタラクティブ エンターテインメント コンテンツをコンソール機、PC、そして携帯・ワイヤレス端末向けに販売しています。ZeniMax Media の下位組織には Bethesda Softworks、Bethesda Game Studios、id Software、Arkane Studios、Tango Gameworks、MachineGames、ZeniMax Online Studios、Alpha Dog Games、Round Studios、ZeniMax Europe Ltd.、ZeniMax Asia K.K.、ZeniMax Asia Pacific Limited、そして ZeniMax Australia Pty Ltd が含まれます。

ZeniMax Media についての詳しい情報は www.zenimax.com でご確認ください。

Bethesda の概要と功績

所属する 8 つのスタジオの内 5 つが「ゲーム オブ ザ イヤー」賞を受賞

世界 1 位のパブリッシャーとなる (2018 年)

5 年連続で「ゲーム オブ ザ イヤー」賞を受賞

The Elder Scrolls III: Morrowind

IGN やその他の媒体より「RPG オブ ザ イヤー」に選出

The Elder Scrolls IV: Oblivion

すべての媒体の一致による「ゲーム オブ ザ イヤー」に選出

Fallout 3

すべての媒体の一致による「ゲーム オブ ザ イヤー」に選出

The Elder Scrolls V: Skyrim

すべての媒体による「ゲーム オブ ザ イヤー」に選出

今世代最高のゲーム、全時代を通してのナンバー ワンの PC ゲームに選定

Fallout 4

DICE アワードと英国アカデミー賞のビデオゲーム アワードを含めた 50 以上もの「ゲーム オブ ザ イヤー」賞を受賞

Dishonored

英国アカデミー賞のビデオゲーム アワードで最優秀賞を受賞、Video Game Awardsで最優秀アクション アドベンチャー タイトルに選出

Dishonored 2

PC ゲーマーの「ゲーム オブ ザ イヤー」、Video Game Awardsで最優秀アクション アドベンチャー タイトルに選出

2016 年には 100 を超える「ベスト オブ」賞を総なめ

Wolfenstein: The New Colossus

The Game Awards で最優秀アクション ゲームに選定

DOOM (2016)

The Game Awards で最優秀アクション ゲームに選定

Fallout Shelter

「ゲーム オブ ザ イヤー」のモバイル部門賞、DICE アワードと Golden Joystick 賞を受賞

Elder Scrolls Online

4 年連続で「ゲーム オブ ザ イヤー」MMO 部門を受賞

将来の業績に関する見通し

本リリースに記載されている「将来の業績に関する見通し」は、リスクや不確実性を伴う現在の予測や仮定に基づいています。ZeniMax Media の取引が適時に、またはまったく完了しないリスク、規制当局による規制や制限、ゲームコミュニティおよび顧客に対する ZeniMax Media の買収の影響、ZeniMax Media の事業に対する経営陣および組織の変更の影響、ZeniMax Media 従業員への影響および主要な人材を維持するマイクロソフトの能力、ZeniMax Media のプラットフォームとオペレーションをマイクロソフトのビジネスに統合する際の有効性、マイクロソフトのより広範な戦略目標および運営目標を実現する能力、期待されるリターンを得られない可能性のある製品およびサービスへの多額の投資、収益に多額の費用が発生する営業権の侵害または償却可能な無形資産の減損、収益の減少につながる可能性のあるサイバー攻撃およびセキュリティ上の脆弱性、コストの増加・賠償請求・当社の評判や競争上の地位への損害、マイクロソフトが適切な運用インフラストラクチャの維持に失敗した場合のオンライン サービスの過剰な停止・データ損失・中断、品質または供給の問題、当社の知的財産の価値を低下させる可能性がある法改正・ビジネスモデルの変化・知財海賊行為、マイクロソフトが他者の知的財産権を侵害したとの主張、法的紛争において不利な結果をもたらす可能性のあるマイクロソフトに対する主張、マイクロソフトの事業および業績に悪影響を及ぼす可能性のある当社の評判またはブランドの毀損、グローバルな事業運営による経済的および事業運営上の不確実性 (為替変動の影響を含みます) の増大、マイクロソフトの事業に悪影響を及ぼす可能性のある不利な経済状況または市場環境、マイクロソフトの事業を中断させる可能性のある COVID-19 パンデミックなどの破局的事象または地政学的状況、およびマイクロソフトの事業が有能な従業員を惹きつけ維持する能力に依存していること、などの要因により実際の結果は大きく異なる可能性があります。マイクロソフトの事業に関連するリスクや不確実性に関する追加情報については、フォーム 10-K の年次報告書およびフォーム 10-Q の四半期報告書を含む (ただしこれに限定されない) SEC への提出物中の「Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations (経営陣による財務状況と業績の検討と分析)」および「Risk Factors (リスク要因)」のセクションを参照してください。これらの文書のコピーは、マイクロソフトの Investor Relations 部門 (電話番号: 800- 285-7772)、または、Investor Relations ウェブサイト (http://www.microsoft.com/en-us/investor) から入手可能です。

【日本マイクロソフト株式会社について】
日本マイクロソフト株式会社は、マイクロソフト コーポレーションの日本法人です。マイクロソフトは、インテリジェントクラウド、インテリジェントエッジ時代のデジタルトランスフォーメーションを可能にします。「Empower every person and every organization on the planet to achieve more.(地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。
日本マイクロソフトは、この企業ミッションに基づき、「革新的で、安心して使っていただけるインテリジェントテクノロジを通して、日本の社会変革に貢献する」企業像を目指します。

マイクロソフトに関する詳細な情報は、下記マイクロソフト Web サイトを通じて入手できます。

日本マイクロソフト株式会社 Web サイト http://www.microsoft.com/ja-jp/
マイクロソフトコーポレーション Web サイト http://www.microsoft.com/

* Microsoft は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

Tags: ,

関連記事