コンテンツへ移動
スキップしてメイン コンテンツへ
News Center

Microsoft Tech Summit 2018 & Business Leaders Summit

クラウドや AI などテクノロジーの力で、お客様のデジタルトランスフォーメーションの推進と日本の社会変革に貢献する

11 月 5 日(月)に開催した Microsoft Tech Summit 2018 & Business Leaders Summit では、マイクロソフト本社 CEO のサティア ナデラを迎え、ビジネスリーダー、IT 技術者、開発者など 2,000 名を超える参加者の前で「Fueling tech intensity in Japan」をテーマに基調講演を行いました。サティアからはコマツ様、JTB 様・ナビタイム様、トヨタ自動車様、JR東日本様、ニトリ様、など多くの日本のお客様事例を紹介しました。

Tech Summit 2018 & Business Leaders Summit Photo 2

トヨタ自動車様における Mixed Reality / HoloLens の活用

トヨタ自動車様が取り組んでいる、HoloLens と Dynamics 365 Mixed Reality ビジネスアプリケーション「Dynamics 365 Layout」や「Dynamics 365 Remote Assist」を活用したファーストラインワーカー向けの変革の取り組みとして、「塗装の膜厚検査での活用」および、「試作工場の設備移設での活用」が紹介されました。

トヨタ自動車様の事例を紹介するサティア

事例のビデオはこちら

JR東日本様における Mixed Reality / HoloLens の活用

JR 東日本様では、鉄道信号設備の保守業務および、線路設備の保守訓練において、HoloLens と Dynamics 365 Remote Assist を活用しています。現場作業員とリアルタイムに視界を共有し、音声だけでなく視覚的に指示が行えることで、指令所という離れた場所にいながら、図面や検査データを共有しながら、ベテラン社員の知見や豊富なノウハウを現場で活かす取り組みを行っています。

Tech Summit 2018 & Business Leaders Summit Photo 3

関連情報:【Mixed Reality × Microsoft Tech Summit 2018】トヨタ自動車様、 JR東日本様における Mixed Reality / HoloLens を活用した取組みを発表

ニトリ様における Microsoft 365 を活用した社内のコミュニケーションの活性化と迅速な意思決定の取り組み

2032 年までに 3,000 店舗まで店舗拡大を目指すニトリ様では、何千人もの従業員間のコミュニケーションの改革に取り組まれています。様々な意思決定をより迅速にするために Microsoft Teams など Microsoft 365 を積極的に活用いただいています。アナログに頼りがちだった情報共有にクラウドを活用し、様々な情報共有を瞬時に関係者に共有することができるようになり、現場間での効率化が進んでいます。

Tech Summit 2018 & Business Leaders Summit Photo 4

事例のビデオはこちら

さらにナデラは、クラウドプラットフォームである Microsoft Azure のデータセンターの世界レベルでの拡張に触れ、特に日本のデータセンターの 2 リージョン(東日本と西日本の)のキャパシティを近年中に 2 倍にすることを紹介しました。

Tech Summit 2018 & Business Leaders Summit Photo 5

マイクロソフトが AI(人工知能)によって社会の最大の課題を解決することを目指した取り組み「AI for Good」の一環として、東北大学 災害科学国際研究所 研究員のバイ ヤンビン(Yanbing Bai)氏が、Azure、AI、リモートセンシングを活用し、災害に強く、災害を予防できる社会づくりに向けて研究を進めていることを紹介しました。合わせて、新たな 4,000 万ドル規模の 5 年間にわたるプログラム「AI for Humanitarian Action」を紹介しました。この取り組みでは、AI を活用して、4 つの領域(災害対策、児童保護、難民支援、人権保護)にフォーカスして活動します。

「共感視覚モデル」を搭載したスマートフォン向け AI「りんな」

Tech Summit 2018 & Business Leaders Summit Photo 6

基調講演のはじめに代表取締役 社長の平野からユーモラスなデモも踏まえて紹介されたのが、「共感視覚モデル」を搭載したスマートフォン向け AI「りんな」の発表でした。スマートフォン向け AI「りんな」は、スマートフォンのカメラを「目」として、AI「りんな」が「見た」ものについてリアルタイムで音声コメントし、ユーザーと自然な会話を楽しむことができるAIです。ユーザーと AI「りんな」が同じ風景、同じものを見て、それについてコミュニケーションすることができます。スマートフォン向け AI「りんな」は現在開発中ですが、皆様へ一般公開させていただく日を楽しみにしています。

プレスリリース:https://news.microsoft.com/ja-jp/2018/11/05/181105-app-version-of-rinna/

「日本に来ると、常に新しい技術が常に生まれているのを目にします。 日本では新しい技術をどのように変革しているのかを見るのが私自身も学びになります、そして更なる日本の社会変革をマイクロソフトとしても支援し続けたい」として講演を結びました。今後ともマイクロソフトは、クラウドや AI などテクノロジーの力でお客様のデジタルトランスフォーメーションを推進するとともに、日本の社会変革を支援してまいります。

Tech Summit 2018 & Business Leaders Summit Photo 7