Recent news

View All »

三井住友フィナンシャルグループにおける対話型自動応答システムを活用した業務効率化及びお客さまサービス向上への取組について

[2018年2月23日] 株式会社三井住友フィナンシャルグループ 株式会社三井住友銀行 SMBC日興証券株式会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 日本マイクロソフト株式会社 株式会社三井住友銀行(頭取CEO:髙島 誠、以下「三井住友銀行」)は、日本マイクロソフト株式会社(代表取締役 社長:平野 拓也、以下「日本マイクロソフト」)と協働し、マイクロソフトのパブリッククラウドAzure上で動作する独自の対話型自動応答システム(以下「チャットボット」)を開発し、2017年8月から、行内の照会応答業務での活用を開始しました。 … Read more »

解説アニメ公開 4 分でわかる量子コンピューティング

[2018年2月23日] Posted by:コーポレートコミュニケーション本部 何十億年もかかるような複雑な問題でも、量子コンピュータにより、わずか数時間で解決することができるようになります。量子コンピュータは、医療やエネルギー問題、環境問題などへの活用が期待されています。 マイクロソフトは、量子コンピューティングを日常生活に役立てるために取り組んでいます。 … Read more »

訪日外国人旅行者向け観光支援アプリケーション「JAPAN Trip Navigator」をリリース

[2018年2月22日] 株式会社 JTB 株式会社ナビタイムジャパン 日本マイクロソフト株式会社 AI を活用し、訪日外国人旅行者に24時間寄り添うサポートサービスを提供 ー 株式会社JTB(所在地:東京都品川区、代表取締役社長 髙橋広行、以下 JTB)と、株式会社ナビタイムジャパン(所在地:東京都港区、代表取締役社長 大西啓介、以下ナビタイムジャパン)、ならびに日本マイクロソフト株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役 社長 平野拓也、以下日本マイクロソフト)は、訪日外国人旅行者向けのスマートフォンアプリ「JAPAN Trip Navigator(商標登録出願中)」のiOS版を開発し、2018年2月22日より提供開始することを発表します。 … Read more »

hakuhodo-VRAR と建仁寺が、国宝「風神雷神図屏風」を題材に Mixed Reality(複合現実)を活用した、新たな文化財鑑賞体験 「MRミュージアム in 京都」を開催

[2018年2月21日] 建仁寺と京都国立博物館にて期間限定で一般公開   日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也、以下 日本マイクロソフト)は、Microsoft Mixed Reality パートナープログラムの認定パートナーである、株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)と株式会社博報堂プロダクツ(東京都江東区、代表取締役社長:江花昭彦)によるVR・ARの最先端技術を有する専門ファクトリー「hakuhodo-VRAR」が、大本山建仁寺(京都市東山区)と2017年7月より推進している、Mixed Reality(複合現実、以下MR)の技術を使って「体験する」ことをテーマにした共同研究を、技術的な側面から支援しています。 … Read more »

2021 年までに、デジタルトランスフォーメーションが日本の GDP に約 11 兆円貢献する見通し

[2018年2月20日] アジア 15 ヵ国・地域の 1,560 人のビジネス意思決定者を対象としたマイクロソフトと IDC による調査結果   日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也)は、マイクロソフトとIDC Asia/Pacificがアジア15ヵ国・地域の1,560人のビジネス意思決定者を対象としたデジタルトランスフォーメーションに関する調査 “Unlocking the Economic Impact of Digital Transformation in Asia(アジアにおけるデジタルトランスフォーメーションの経済効果調査)*1”の結果について、本日以下のとおり公表しました。 … Read more »

建設現場のデジタルトランスフォーメーションを実現するオープン IoT プラットフォーム「LANDLOG」に Microsoft Azure を採用

[2018年2月20日] 株式会社ランドログ 日本マイクロソフト株式会社 建設現場の様々な情報をクラウドへ集約、現場のオペレーションを最適化   株式会社ランドログ(本社:東京都港区、代表取締役社長:井川 甲作、以下 ランドログ)と日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也、以下 日本マイクロソフト)は、ランドログの建設現場におけるオープンIoTプラットフォーム「LANDLOG」にパブリッククラウドプラットフォームMicrosoft Azureを採用し、建設生産プロセスに関する様々なデータを集積し、現場の効率化に活用できる形式で一元管理、提供を図ることを発表します。 … Read more »

OBC と日本マイクロソフトがクラウドサービスで連携を強化。奉行はクラウドへ、『奉行クラウド』を発表!

[2018年2月16日] 株式会社オービックビジネスコンサルタント 日本マイクロソフト株式会社 100% マイクロソフトテクノロジーを活用し、OBC が本格的な SaaS 型の統合業務クラウドプラットフォームを提供開始   「奉行シリーズ」を展開している株式会社オービックビジネスコンサルタント(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:和田 成史、以下:OBC)は、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也、以下、日本マイクロソフト)とのクラウドサービスでの連携を強化し、さらに高まる基幹業務システムのクラウド運用ニーズにお応えするため、「奉行シリーズ」を次世代統合業務プラットフォームに進化させた『奉行クラウド』を発表いたします。 … Read more »

AI を愛することを学ぶ

[2018年2月14日] ラルフ ハウプター (Ralph Haupter) マイクロソフトアジア プレジデント マイクロソフト コーポレートバイスプレジデント バレンタインデーは、世界中の人々が、中世時代にさかのぼる伝統に沿って、カードや贈り物を交換して、自分が愛する特別な人への感情を表現し、祝福します。 … Read more »

FIXER と日本マイクロソフト、金融機関向け Microsoft Azure マネージドサービスを発表

[2018年2月8日] 株式会社FIXER 日本マイクロソフト株式会社 株式会社FIXER(本社:東京都港区、代表取締役社⻑:松岡清⼀、以下 FIXER)は、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社⻑:平野拓也、以下 日本マイクロソフト)と連携し、パブリッククラウドプラットフォーム「Microsoft Azure(以下 Azure)」の運用・保守、並びに金融機関の運用要件に適合したマネージドサービス「金融機関向けcloud.config(※1)」(※2)を2018年6月にリリースします。
 … Read more »

マイクロソフト、オンラインリスクとその影響に関する最新調査を公開 ー Digital Civility Index(DCI)において、多くのネットの不適切行為は交友関係より発生することが判明

[2018年2月7日] (本記事はこちらのブログの抄訳をベースにしています) マイクロソフトの最新の調査によると、オンラインリスクの状況は世界レベルで改善しているようです。しかし意外なことに、オンラインでの不適切行為のターゲットになった被害者の多くは、加害者と家族や友人関係であったことがわかりました。 … Read more »