Microsoft CEO

Microsoft CEO

 サティア ナデラは、マイクロソフト コーポレーションの最高経営責任者 (CEO) です。2014 年 2 月 4 日の CEO 就任前は、マイクロソフト全体のエンタープライズおよびコンシューマーの両ビジネスにおいてリーダーシップの役割を担っていました。

 1992 年にマイクロソフトに入社するとすぐに、マイクロソフト主要製品群の変革に向けて、広範なテクノロジとビジネスをつなぐことができるリーダーの一人として社内で知られるようになりました。

 CEO 就任までは、成長率と利益率が最も高いマイクロソフト事業のひとつである マイクロソフト クラウド & エンタープライズ部門のエグゼクティブバイスプレジデントでした。ナデラの在任中に、同事業部の収益は 22 パーセント増加、利益は 33 パーセント増加しました。それ以前には、オンラインサービス部門の研究開発のトップとして、Bing、Xbox、Office などの製品をサポートする世界最大級のクラウド基盤の開発を率いてきました。

 マイクロソフトに入社する以前は、Sun Microsystems の技術部門に所属していました。

 スティーブ バルマーとビル ゲイツの後に続くマイクロソフトの 3 番目の CEO として、ナデラは徹底したイノベーションの追求と協業の精神を持ち込んでいます。ナデラが 22 年前にマイクロソフトに入社したのは、マイクロソフトが人々に素晴らしいことを実現させてくれ、世界をより良い場所に変えていく様を目の当たりにしたからです。「多くの企業が世界を変えたいと願っていますが、人材、経営資源、忍耐力といったそれに必要な要素を備えている企業はきわめて少数です。マイクロソフトはこれら3要素のすべてを豊富に持っていることを実証してきました」とナデラは述べています。

 ナデラは、インドのハイデラバードで 1967 年 8 月 19 日に生まれました。現在は、ワシントン州ベルビュー市に住んでいます。マンガロール大学で電気工学の学士号を、ウィスコンシン大学ミルウォーキー校でコンピューターサイエンスの修士号を、シカゴ大学で MBA を取得しています。既婚で 3 人の子供がおり、余暇には詩を読んだり、子供時代に学校でよくやっていたスポーツであるクリケットを観戦したりしています。

 

FULL NAME
サティア ナラヤナ ナデラ
DATE OF BIRTH
1967 年 8 月 19 日
EDUCATION
Bachelor of Engineering – Manipal Institute of Technology,
Master of Science – University of Wisconsin,
Master of Business Administration – University of Chicago

News Center ホームへ戻る