日本マイクロソフト沿革

1975 年 マイクロソフト コーポレーション設立
1986 年 マイクロソフト株式会社設立 (本社 : 東京都千代田区) 、古川 享が代表取締役社長に就任、
5 月より営業活動開始
1991 年 成毛 眞が代表取締役社長に就任
1993 年 本社を東京都渋谷区笹塚に移転
Windows 3.1 (日本語版) 発売
1994 年 Windows NT Workstation 3.1 (日本語版) 発売
1995 年 Windows 95 (日本語版) 、Office 95 (日本語版)発売
1998 年 (米国本社にて、スティーブ バルマーが社長に就任)
Windows 98(日本語版発売)、Office 搭載モデル PC が各 PC メーカーから発売開始
1999 年 マイクロソフト プロダクト ディベロップメント リミテッド設立
2000 年 (米国本社にて、スティーブ バルマーが CEO に、
ビル ゲイツが会長 兼 チーフソフトウェアアーキテクトに就任)
阿多 親市が代表取締役社長に就任
Windows 2000 (日本語版) 発売
2001 年 Windows XP (日本語版) 発売
2002 年 (米国本社にて高い信頼性と安全性を宣言した Trustworthy Computing 戦略を発表)
2003 年 マイケル ローディングが代表取締役社長に就任
2004 年 本社を東京都渋谷区代々木に移転
2005 年 ダレン ヒューストンが代表執行役社長に就任
マイクロソフト ディベロップメント株式会社の設立
2007 年 Windows Vista および the 2007 Office System を一般向けに世界同時発売
2008 年 樋口 泰行が代表執行役 社長に就任
(本社にて、ビル ゲイツが、経営の第一線から退き、ビル アンド メリンダ ゲイツ財団
Bill & Melinda Gates Foundation での活動を中心とする)
2009 年 Windows 7 発売
2010 年 Microsoft Azure サービス提供開始
2011 年 日本法人設立 25 周年を機に、社名を「日本マイクロソフト株式会社」に変更、
東京都内オフィス統合、品川本社オフィスを開設(ワークスタイル変革への取り組み開始)
Office 365 サービス提供開始
2012 年 ワークスタイル変革:初めて「テレワークの日」を開催
Windows 8 を一般向けに世界同時発売
2013 年 日本において自社デバイス Surface を発売
2014 年 (本社にて、サティア ナデラが三代目の CEO に就任)
クラウドサービスの日本データセンター開設
ワークスタイル変革:初めて「テレワーク週間」(賛同法人 32 社)の開催
2015 年 平野 拓也が代表執行役 社長に、樋口 泰行が代表執行役 会長に就任
Windows 10 を全世界で提供開始
ワークスタイル変革:「テレワーク週間」(賛同法人 651 社)の実施、
厚生労働大臣表彰「輝くテレワーク賞」優秀賞を受賞
2016 年 「働きがいのある会社」ランキング 第 1 位(10 年連続ベストカンパニー入り)、
ワークスタイル変革:テレワーク勤務制度の導入、フレックスタイム制度の変更(コアタイムの廃止)