コンテンツへ移動
スキップしてメイン コンテンツへ
News Center

COVID-19 へ対応するために

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)への対応に関して、マイクロソフトの取り組みを紹介します。

今、世界中が COVID-19 の蔓延に対応しているように、私たちは影響を受けている方や今一番必要とされている医療従事者の皆様への支援がとても重要であると考えています。マイクロソフトでは社員と社員の家族の安全を確保しつつ、事業を行う地域社会の人々の健康とウェルビーイングを守ることに努め、テクノロジや、情報、リソースを提供することで、在宅などのリモート環境で働く人々への支援に日々取り組んでいます。

CEO Satya Nadella からのメッセージ

COVID-19 が社会に与えた影響に対する当社の取り組み、役割などについて、CEO ナデラが社員に宛てたメッセージです。

セキュアリモートワーク相談窓口の設置

日本マイクロソフトでは、オフィスや学校での活動を休止しながらもビジネスや教育活動の継続に取り組まれている企業や教育機関を支援するため、無料の「セキュア リモートワーク相談窓口」を開設しています。

Web サイト: https://aka.ms/remotework

現在、生産性を維持しながら業務を継続する「リモートワークの支援」、オンライン授業実施にあたっての「教育機関向け支援」、およびこうした活動を支えるデータセンターやテクノロジーの観点での「技術的支援」の分野を中心に、各種対応を行っています。

リモートワークの支援について

テクノロジは、COVID-19 が人々や組織に与える影響を最小限にするための重要な役割を果たします。例えば物理的にその場に行くことが出来ないような状況の中、従業員の業務生産性を損なわないよう支援することなどです。世界経済全体で、従業員がセキュアな環境で、生産性高く、コラボレーションを大切にしながらリモートでの業務を遂行できるよう取り組む必要があります。

教育機関向け支援について

様々な国が COVID-19 の封じ込め対策を行う中で、多くの学校や大学が休校となり、オンライン授業への移行が進んでいます。教職者や教育機関は、学生が教室で授業を受けられない状況であっても学び続けられるように日々取り組まれています。学生とつながり、意欲を維持するのに役立つヒントをご紹介します。

技術支援について

学校が休校になる、従業員が急に在宅勤務を始める、といった状況は恐らく多くの人にとって初めての状況です。環境の変化に伴い新しいテクノロジに触れる機会も増えています。ストレスなく新しいツールを活用いただけるよう、私たちはお客様に対して様々なサポートを提供しています。

Other Resources