小売業特集

New in AI – 2019年1月21日

New in AI 小売業特集 1

一週間の献立は AI にお任せ

聞かれて嫌な質問は、例えば「まだ着かないの?」よりも「夕食はなに?」という質問かもしれません。
料理をすること自体は難しいことではなくても、一週間の献立を考えて組み立てることは大変です。この問題を解決するために、オランダ最大のスーパーマーケットチェーン Albert Heijn は Predict My List と呼ばれる Microsoft AI 搭載ソリューションを作成しました。この AI は、毎週 1,000 万人の顧客に対して最適な買物リスト、代替食材、レシピなどをお勧めしてくれます。今度夕食について聞かれたときには、すべてを AI にお任せしてみるのもよいかもしれません。

この記事を読む(リンク先のページは英語です)


New in AI 小売業特集 2

AI で常に季節にあった衣類を提供

イギリスの SF 作家アーサー・C・クラークの有名な言葉があります。「十分に進歩した科学技術は魔法と見分けがつかない」。アメリカの衣料品メーカー Fruit of the Loom の場合、魔法を冬の需要の急激な変化に備えるための AI とマシーンラーニングの使用によって実現します。気象データを分析し、事前に需要の予測をするのです。フロリダに住む人にとっての「寒さ」とニューヨークに住む人にとっての「寒さ」の感覚は異なります。しかし、どちらの地域においても今後気温が 7 度ほど低下するのであれば、どちらに住む人も「寒さ」を感じ、フリースを購入する時期だと思うでしょう。この魔法を夏や春に適用することで、小売業者は売り上げを伸ばし、人々は季節に応じて適切な服装をすることができます。

この記事を読む(リンク先のページは英語です)


New in AI 小売業特集 3

AI でおしゃれ度アップはできるのか?

多くの人は服装に関して流行に気を使います。しかし、常に最新のトレンドを追いかけ続けるとなると、多くの人が負担を感じてしまいます。高級衣料品を販売するオーストリアの小売業者 Wolford では、AI チャットボットが顧客のスタイルに関する質問に即座に対応し、人々の負担を軽減します。この AI チャットボットは Microsoft Azure Bot Service をベースに構築されており、顧客ごとにパーソナライズされた「Style Me」製品の情報を提供するため、顧客は最低限の努力で服装スタイルを向上させることができます。

この記事を読む(リンク先のページは英語です)


AI side notes:

(リンク先のページは英語です)


 

本ページのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

Other Content

New Surface Family

Industry Innovation

Diversity & Inclusion

Diversity & Inclusion として

世界の News Center から

マイクロソフトを織りなす数々のストーリー

『The Future Computed: AI と製造業』

Follow us