教育特集

New in AI – 2019年1月30日

190130_New_in_AI_01

聴覚ハンディキャップの差を埋める、AI を活用した教育

世界中で 4 億 6,600 万人以上の人が難聴に苦しんでいます。聴覚障がいのある生徒にとって、教室での効果的な学習は時に困難が伴います。しかし、ニューヨーク州に位置するロチェスター工科大学の聴覚障がい者向け国立技術研究所の学生は、AI を搭載したツール、Microsoft Translator を通して質の高い教育を受けることができます。Microsoft Translator は 60 を超える言語をサポートしており、自動音声認識によって生の話し言葉を、流暢で読みやすいテキストに変換することができます。

この記事を読む(リンク先のページは英語です)


190130_New_in_AI_02

新たな挑戦: 教育におけるAI活用

幼児期の有害な経験は学習や行動発達に重大な悪影響を及ぼします。恵まれない境遇にいる子供たちの学習を手助けするために、カリフォルニア大学の学生は機械学習と音声認識を活用したバーチャル家庭教師を使用しています。この AI 講師は、子供たちが教育ゲームを行うときに音声を聞き取り、子供たちと対話をします。そうすることによって彼らの学習意欲を高め、最終的には学習体験において、子供たちの自立を実現します。

この記事を読む(リンク先のページは英語です)

動画を見る(リンク先のページは英語です)


190130_New_in_AI_03

若い難民に教育を、AI チャットボット教育

現在、世界には 2,850 万人の難民がいます。危機に瀕しているとき、避難民の若者たちの多くは教育を手放さざるを得なくなってしまいます。このような問題を解決するために有効なツールとしてHakeem というチャットボットがあります。Hakeem というチャットボットは、インターネット上に存在する膨大な量の学習リソースを検索するために AI を使用しています。Hakeem を活用することによって、学生は言語、起業家精神、コーディング、マーケティングに至るまで、すべてを学ぶことができます。また何よりも、このチャットボットは学校や大学という教育機関がなくても利用できるため、どのような環境においても中断されることなく学びを続けることができます。

この記事を読む(リンク先のページは英語です)


 

本ページのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

Other Content

New Surface Family

Industry Innovation

Diversity & Inclusion

Diversity & Inclusion として

世界の News Center から

マイクロソフトを織りなす数々のストーリー

『The Future Computed: AI と製造業』